4年

4年「五百人からもらった命」【生命の尊さ】の指導案はこうする!

生命の尊さ

こんにちは。
今日は『4年「五百人からもらった命」【生命の尊さ】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

『生命の尊さ』は、今回の指導要領改定の目玉の1つで、
重点項目として扱われている教科書が多いです。
背景には道徳の教科化のもとになった
「いじめの問題」があります。

この『生命の尊さ』をとおして、
自分だけでなく、
身近な人や自然の命の尊さについて
深く考える経験をさせたいですね。

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

D 主として生命や自然、崇高なものとの関わりに関すること
「生命の尊さ」
3・4年の目標・・・・生命の尊さを知り、生命あるものを大切にすること。

4年生「五百人からもらった命」(光文書院)

あらすじ

今から40年以上前、福井の病院から福井放送局へ電話が入った。
「血液を全部入れ替えなければ命の危ない患者がいる。血液型はB型。献血を呼びかけてもらえませんか?」

ラジオ、テレビでこのことが繰り返し流された。

まもなく電話がひっきりなしになり、次々と人がかけつけた。

患者の命を救いたいと願って献血を申し出た人は、500人を上回った。

患者は数日後、輸血の必要がないほどまでに回復をした。

2 内容項目と教材

Dの内容項目のポイントは、「無理に言葉にしない」こと。
Dは「感動」「生命の尊さ」「自然愛護」など、抽象的なものばかりです。

無理に言葉にしても、安っぽいものだったり、浅い言葉になったりしてしまいます。

だから、まとめのときには、無理に言葉にする必要はありません。

それよりも、すでに知っていることについての理解を深めるようにしましょう。

今回の「生命の尊さ」なら、「命は大事」ということはすでに子どもは知っていることです。
しかし、議論をすることで新たな視点に気付くことで、「だから、命は大切なんだ」と気付けるようにすることが大切です。

すでにある理解という道を、太くする工事をするという感じでしょうか。

患者の命は、献血を申し出た人によって支えられ、命がつながりました。

板書は、「持ち上げ型」が有効かもしれません。

患者の1つの命は、多くの人の手によって支えられている。

そのことが視覚的にわかる板書にしましょう。

板書はこんな感じ。

画像

ところで、実際に献血をして患者の命を救ったのは、500人の献血希望者のうちの数名でしょう。

ということは、残りの500名弱の人は、患者に直接は「何もしていない」ことになります。

果たしてこれで、「命をあげた」と言えるのでしょうか?

子どもに聞いてみたいところですね。

きっと、「命をあげた人たちに間違いない」と言うでしょう。

500人の希望者は、誰が献血をしてもいい気持ちで希望したわけですし、献血を実際にしたか、していないかは関係なく、「患者を救いたい」と言う思いは同じだからです。

また、156ページの下に小鳥がつぶやいています。

「患者を救ったのは、献血を申し出た人たちだけでしょうか。」

この発問を起点として、板書の「支える人」を増やしていきたいですね。

患者を救った人は大勢いると考えられます。

・献血を申し出た人
・お医者さん
・看護師さん

・放送局のスタッフ
・献血を申し出た人の家族
・放送原稿を読んだ人

・献血を申し出た人に、昔献血をした人
・献血を申し出た人に、昔手術をした病院の医師・看護師

このように考えると、命は多くの人の思いで支えられており、支えられているだけでなくつながっていることも見えてきます。

このように、多くの人に支えられている、多くの人とつながっている命は、自分も同じだと気づくと、「だから命は大切なんだ」と、ストンと理解ができます。

授業をこのように展開すると、「納得解」が生まれそうですね!

道徳は「正解」ではなく「納得解」を見つけるようにしましょう!

3 導入

T:教師 C:子ども

T:命って誰からもらったものですか?
C:親。

T:それ以外は?
C:多分ない。

T:おじいちゃんやおばあちゃんは?
C:直接はもらっていない。

T:なるほど。直接じゃないと「命をもらった」とは言えないのかな?
C:うーん。

T:今日は、「500人からもらった命」という話で命について考えます。
 親が500人いるという話かな?
C:うーん。

4 発問

・献血を申し出ても、結局しなかったら患者を救ったことにはならないのではないか。
・献血を申し出た人は、ほめてもらいたくて献血を希望したのだろうか。
・B型以外の人は、「自分は関係ない」と思っていたのだろうか。

・なぜ、自分の命を昔救ってもらった人が、今回献血を申し出たのだろう。
・もし、患者の命が助からなかったら、献血を希望した人たちの思いは全て無駄になるのだろうか。
・この話で、幸せな人は誰だろう。

・この話で、喜んでいるのはだれだろう。
・この話に出てくる人に共通する「目標」はなんだろう。

5 まとめ

・命は多くの人に支えられている。
・命はたくさんの人とつながっている。(過去、未来、地域)

このようなまとめで十分です。

最初に言いましたが、あまりまとめの言葉にはこだわらないようにしましょう。

極論を言うと、まとめはしなくても大丈夫です。

「命についてじっくりと考えた」

この余韻で授業を終わっても十分ですよ!

はい、ということで今日は
『4年「五百人からもらった命」【生命の尊さ】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!

また明日もお楽しみに。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このブログでは、道徳の教材解説をしています。
ほとんどの教材を解説しているので、
日々の授業や研究授業のときに使ってください。

トップページの検索で「教材名」を入れるだけで、その記事にジャンプできます。

例 : はしの上のおおかみ

「この記事の解説がない!」という場合は、お知らせください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□