5年

5年「うばわれた自由」【自由と責任】の指導案はこうする!

善悪の判断、自律、自由と責任

こんにちは。
今日は『5年「うばわれた自由」【自由と責任】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

今回の内容項目は、
Aの視点「善悪の判断、自律、自由と責任」です。

な、長い・・・。
そして難しそう・・・。

大丈夫です。
この項目は、3つに分けると
理解が早いです。
①善悪の判断
②自律
③自由と責任

この3つのうち、
どれかに必ず重点が置かれます。

今回の教材の重点はなにか、
それが決まれば、
8割は授業計画ができたも同然です!

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

A 主として自分自身に関すること
「善悪の判断、自律、自由と責任」
5・6年の目標・・・・自由を大切にし、自律的に判断し、責任のある行動をすること。

5年生「うばわれた自由」(日本文教出版)

あらすじ

わがままなジェラール王子は、森で動物をとってはならないきまりを破った。
ガリューは「王子の言っている自由は、自分だけに都合のよいようにすることで、本当の自由とは申しません。それはわがままというものです。」
このように注意したガリューを、王子は捕らえた。

王子はそのうちに王になり、わがままがひどくなった。

そのわがままは国民にも広がり、王の座を奪うものまで出てきた。

王は裏切られ、牢屋に入れられた。
そこで会ったのが、森の番のガリューだった。

ガリューが牢屋から出られることになった時、
「そこから出る日がきたら、一緒に本当の自由を大切にして生きてまいりましょう。」と言って去っていった。

2 内容項目と教材

「うばわれた自由」は、定番教材ですね。
研究授業などで扱った人も多いでしょう。

善悪の判断、自律、自由と責任」は、次の3つに分けて考えます。

①善悪の判断
②自律
③自由と責任

それぞれ、似ていますが解釈が異なるので、今回授業をする教材が、①~③のどれに当たるかを考える必要があります。

「うばわれた自由」は、③自由と責任になります。また、②自律もその次に大切になるポイントです。

この教材を考える上で大切なポイントは、何を大切にしているか、です。

ジェラール王子は、自分の立場をわきまえず、わがままな振る舞いをします。

つまり、自分勝手ということです。
きまりがあることを知らないならまだしも、知っていて自分勝手に振る舞っています。

その理由は、どんなことが考えられるでしょうか。

・楽しいから。
・みんなができないことをできるから。
・きまりを破っている感覚が面白いから。

また、王子の立場から考えると、
・だれも注意できないから。
・だれもマネできないから。

といった理由が考えられます。

いずれも、許されることではありません。

では、ジェラール王子は、何を大切にしていたから、自分勝手にしたのでしょうか。

それは、「自分のやりたいこと」です。

自分がやりたいから、森で動物を撃った。
自分がやりたいから、わがままに振る舞った。

だから、「自分勝手」だと言われたのです。

しかし、ここで立ち止まって考えてみましょう。

「自分のやりたいこと」をやることは、本当にダメなのでしょうか。

例えば、次の例はどうでしょうか。

休み時間にドッジボールをしたいから、みんなでドッジボールをする。
・将来は大工さんになりたいから、放課後に一生懸命工作を練習する。
・算数が得意になりたいから、宿題だけでなく自分で問題集を買って勉強する。

これらはいずれも、「自分のやりたいこと」ですよね。

ジェラール王子が「やりたいからやった」ことと同じでしょうか。

違うとしたら、なぜ違うのでしょうか。

ここの矛盾を考えることが、道徳的価値に迫る話し合いになります。

 

最初に言ったとおり、何を大切にしているか、です。
ジェラール王子は「自分のやりたいこと」だけを大切にしていました。

しかし、ドッジボールや大工、算数の例は、「自分のやりたいこと」に加えて、「周囲の人」や「未来」を大切にしています。

さらにそこには、きまりを守るという大前提もあります。

自分だけを考えた行動は自分勝手、
自分だけでなく多くのことを考えた行動は、自由と呼べるのです。

また、自分自身でこの先をどうなるか想像し、どんな結果になっても受け止める覚悟がある。
つまり責任を自分でとれるかどうかも、大切です。

責任のない自由は自分勝手。
責任のある自由はOK.

つまり、自由と責任は表裏一体のセットだと言えます。

 

では、ガリューは、何を大切にしていたのでしょうか?
王子に注意できるほどですから、王子とは大切にしているものはちがいます。
ジェラール王子とのちがいはなんでしょうか?

ぜひ、子どもたちと考えてみてくださいね。

3 導入

T:教師 C:子ども

T:「自由」ってどんな意味ですか?
C:好きなことをする。
C:やりたいことをする。

T:じゃあ「自由」だから、友達の「自由帳」に『バカ』と書いていいんですよね?
C:ダメ。

T:どうして? 自由って好きなことをするんだから、いいよね。
C:うーん・・・・。

T:今日は、「本当の自由」について考えましょう。

4 発問

・ガリューは、王子にもなぜ注意できたのだろうか。
・ジェラール王子は、王に注意されたら聞いていたのだろうか。
・ジェラール王子に注意する人は、ガリュー以外にいなかったのだろうか。

・ジェラール王子は、国民がわがままに振舞う様子を見て、わがままを止めようとは思わなかったのだろうか。
・ガリューの自由を奪ったのはだれだろう。
・ジェラール王子の自由を奪ったのはだれだろう。

・この話で、笑っているのはだれだろう。また、それはなぜだろう。
・ガリューは、この後わがままばかりの国で、どんな暮らしをしていくのだろう。
・ガリューの最後の言葉を聞いて、ジェラール王はなんと言うだろう。

・ジェラール王は、本当に牢屋に入れられるまで自分のわがままがいけないことに気付かなかったのだろうか。
・ジェラール王は幸せだろうか。
・なぜガリューは、森の番人の仕事をしているのだろう。

5 まとめ

・自由な行動には責任がセットでついてくる。
・自由な行動をするためには、先の先まで考える必要がある。

これらのポイントを押さえたまとめができるといいですね!

はい、ということで今日は
『5年「うばわれた自由」【自由と責任】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!

また明日もお楽しみに。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このブログでは、道徳の教材解説をしています。
ほとんどの教材を解説しているので、
日々の授業や研究授業のときに使ってください。

トップページの検索で「教材名」を入れるだけで、その記事にジャンプできます。

例 : はしの上のおおかみ

「この記事の解説がない!」という場合は、お知らせください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□