5年

5年「マンガ家 手塚治虫」【個性の伸長】の指導案はこうする!

個性の伸長

こんにちは。
今日は『5年「マンガ家 手塚治虫」【個性の伸長】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

個性の時代と呼ばれるようになりました。

昔に比べて今の時代の子どもは、本当に個性豊かです。
では、個性とはなんでしょうか。
個性はどうやって見つければいいのでしょうか。

今日は、『個性』について教材解説で考えていきましょう!

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

A 主として自分自身に関すること
「個性の伸長」
5・6年の目標・・・・自分の特徴を知って、短所を改め長所を伸ばすこと。

5年生「マンガ家 手塚治虫」(日本文教出版)

あらすじ
マンガ家の手塚治虫さんは子どもの頃からマンガが好きでした。
しかし、体が小さく、運動も苦手でした。
マンガを描いていることに劣等感もありました。
しかし、小学5年生のときに、担任の乾先生が「君はおおいに自分のよさを伸ばしなさい。」と言われて、自信がつきました。

医学生の頃、マンガ家になろうか悩んでいた手塚さんは、お母さんに相談すると、
「マンガが好きならマンガ家になりなさい。」と言ってくれた。

40年以上もマンガ家として活躍した手塚さん。めげそうになることもありましたが、そのたびに自分を奮い立たせ、マンガを書き続けました。
真剣なメッセージを込めて描き上げたマンガは、世界中の人に読まれ、愛されています。

2 内容項目と教材

目標には「特徴」とあります。
似たような言葉に「特長」があります。

2つのちがいは次のとおりです。

 

特徴・・・他と比べて特に目立ったり、他との区別に役立ったりする点。
特長・・・すぐれた(=長)特徴。

つまり、特長は長所に特化しているのに対して、特徴は長所も短所も含んでいるということです。
自分の長所は、なかなか気付かないものです。

手塚さんも、自分の「マンガが得意」という長所には目が向いていませんでした。
反対に、「体が小さい、運動が苦手」という短所を見て、劣等感を感じるほどでした。

しかし、担任の乾先生が手塚さんの長所を指摘してくれた。
この部分だけでも、十分この教材は考える価値がありますね。

なぜ、乾先生は手塚さんの得意なことを見つけたのでしょうか。
・なぜ、先生は手塚さんを励ましたのでしょうか。
・手塚さんの劣等感が大きかったら、先生の言葉は耳に入らないのではないでしょうか?
・手塚さんが乾先生のことを信用していなかったら、手塚さんは乾先生の言葉をどのように受け止めただろうか。

へりくつを言っているような発問ですが、ここは大切なポイントです。

乾先生は、手塚先生の人生のターニングポイントになったと言っても過言ではありません。
では、なぜターニングポイントになったのか。
それを子どもたちとじっくり考えたいですね。

いい先生やいい大人に出会って、その一言で将来の方向性が決まることは、めずらしい話ではありません。
でも、なぜか手塚治虫さんのような偉人だと、とてつもない奇跡のように思えてしまう。
しかし、そんなターニングポイントとなる瞬間は、誰にでも訪れます。

自分が本当に好きなものがあって、
それに時間を忘れるほど熱中していて、
他の人がそれを長所と認める。

これは逆に言うと、
好きなものがなんなのかはっきりせず、
やらされているから決められた時間だけやり、
長所と言うほどのことでもない

このようなことは、取り組んでいる姿は、他の人からはあまりいい姿としては見られないでしょう。
手塚さんは、本当に好きで熱中していて、劣等感を感じても、「マンガを好き」という気持ちが消えなかった。

このぐらい、マンガに対する気持ちが高まっているから、先生の「自分のよさを伸ばしなさい」という言葉が心に残ったのでしょう。

つまり、長所を伸ばすには、
『自分の長所を認めてくれる大人との出会いが必要』なのではなく、
『何があっても続けたいぐらい好きなことが、今の自分にあることに気付く』
ことが大切なのです。

これがこの内容項目の真髄であり、大事なポイントなのです。

これがそのまままとめになるといいですね!

3 導入

T:教師 C:子ども

T:長所ってなんですか?
C:いいところ。
C:すごいところ。

T:自分の長所を言えますか?
C:うーん。
C:足が速いところ。

T:人の長所を言えますか?
C:(自分の長所よりは言いやすいはずなので、発言が増えるはずです)

T:今日はみんなで、自分の長所について考えていきましょう。

4 発問

・先生やお母さんが何も言わなかったら、マンガ家にはなっていないのだろうか。
・手塚さんが先生からもらったものはなんだろう。
・お母さんは、手塚さんになにをあげたのだろう。

・手塚さんは、いつから「マンガ家」になったのだろう。
・手塚さんが面白いマンガを描けずに、成功できなかったら、先生やお母さんが悪いのだろうか。
・もし、鉄腕アトムがしゃべれるとしたら、手塚さんになんと言うだろう。

・みんな、好きなことを仕事にしたらいいのだろうか。
・大人はみんな好きなことを仕事にしているのだろうか。
・なぜ、くじけそうになったときに自分を奮い立たせることができたのだろうか。

5 まとめ

『何があっても続けたいぐらい好きなことが、今の自分にあることに気付く』

繰り返しますが、このことが子どもの言葉でまとめられたらオッケーです。

はい、ということで今日は
『5年「マンガ家 手塚治虫」【個性の伸長】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!

また明日もお楽しみに。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このブログでは、道徳の教材解説をしています。 ほとんどの教材を解説しているので、 日々の授業や研究授業のときに使ってください。

トップページの検索で「教材名」を入れるだけで、その記事にジャンプできます。

例 : はしの上のおおかみ

「この記事の解説がない!」という場合は、お知らせください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□