3年

3年「ぼくのボールだ」【公正、公平】の指導案はこうする!

公正、公平、社会正義

こんにちは。
今日は『3年「ぼくのボールだ」【公正、公平】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

公正と公平って、よく似た言葉ですよね。
ざっくりと同じ意味で捉えていて、違いなんて意識したことはない。
そんな人がほとんどでしょう。
公正、公平って平等ってこと。
つまりは差別をしてはいけないということ。
このあたりの理解で、日常生活は困りません。

しかし、これが道徳の授業をするという立場になったら、
もう少し深く理解しておかなければならないような気がします。
今日は、公正と公平の違いついて、考えてみましょう!

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

C 主として集団や社会との関わりに関すること
「公正、公平、社会正義」
3・4年の目標・・・・誰に対しても分け隔てをせず、公正、公平な態度で接すること。

3年生「ぼくのボールだ」(日本文教出版)

あらすじ
ぼくのクラスはドッジボールが大人気だ。
まさとくんはとても強いので味方だと心強い。

今日は、ぼくもまさとくんも当てられて外野に行った。
早くまさとくんを内野に戻さないと、負けてしまうかもしれない。

そのとき、相手の内野からボールが外に飛び出してきた。
それをたかしくんが追いかけた。
たかしくんが一生懸命追いかけたボールを、ぼくは「サンキュー。」と言ってたかしくんからボールを取って、まさとくんにパスをした。
たかしくんは「ぼくのボールだ!」と言って、泣き始めてしまった。

みんなもドッジボールをやめて集まってきた。
「たかしくんに聞かずにボールを回したのがよくなかったのじゃないか。」
ぼくは、まちがったことをしたのかなと思い始めてきた。

2 内容項目と教材

「公平」に主軸を置いて考える

公正、公平、社会正義について、それぞれ意味を調べてみます。

公正・・・かたよりがなく正当なこと。はっきりいていて正しいこと。
公平・・・判断・行動に当たり、いずれにもかたよらず、えこひいきしないこと。
社会正義・・・人間が社会生活を営む上で、正しいとされる道理。

なんだか、どれもに似たような意味ですね。

簡単に言うと、公正+公平=社会正義 ということです。

では、この教材で中心となるものはどれでしょうか。
公正は、「はっきりしていて正しいこと」とあります。
このドッジボールの場合、判断軸が2つあります。

それは、
①ドッジボールで勝とうとする
②みんなで仲良くドッジボールをする

①ドッジボールで勝とうとする場合は、「ぼく」の判断が正しいことになります。
チームとして、今できる最善のことをして、相手を1人でも当てて外野に出すことが正しいからです。
②みんなで仲良くドッジボールをする場合は、「ぼく」の判断が正しくないことになります。
勝ち負けにこだわらず、みんなが同じように投げたり取ったりして、楽しめるためには、たかしくんからボールを奪うべきではなかったからです。

つまり、公正の軸で授業を考えると、どちらの判断軸かを「正しい」と決めて授業を進めなければ、話が成立しません。
判断軸がずれているんですから、議論は平行線に終わります。
それはまるで、国語が面白いか、算数が面白いかを議論するようなものです。
結論は出ませんよね。
「どっちもいい」なんて中途半端な結論を出すなら、45分もいりません。

 

社会正義だと、ちょっと話が重たくなりすぎます。
あくまでも、小学校の休み時間の出来事ですから、もっとライトに考えていいです。

つまり、この教材では「公平」に重きを置いて考えましょう。

公平・・・・判断・行動に当たり、いずれにもかたよらず、えこひいきしないこと。
でした。

では、この話で、えこひいきをしているのはだれでしょうか?
「ぼく」ですね。
まさとくんが強いから、ボールは全てまさとくんが投げて、一刻も早く内野に入るべきだ、と考えています。
そのため、自然と「実力の順位付け」を行ってしまっています。
「ぼく」は次のような思考をしています。

たかしくん・ぼくよりもまさとくんの方がうまい

たかしくんとぼくはまさとくんより下手だから、投げないほうがいい

まさとくんが投げたほうがいい

たかしくんが拾ったボールは、当然まさとくんに渡したほうがいい

勝利至上主義の「ぼく」ですから、この思考は当然でしょう。
しかし、この思考自体がまさしく「えこひいき」であり、たかしくんを傷つけていることになっています。

では、えこひいきをしているのは、「ぼく」だけでしょうか?
まさとくんは、えこひいきをしていないのでしょうか?

たかしくんから取ったボールを、さも当然のように受け取っているまさとくん。
「ぼく」と同じように思考していると言っていいでしょう。

これらの問いから、「公平」とはなにか。
「公平」に接するために大切なことはなにか、を子どもと考えていきましょう。

 

この教材の難しいポイントは、
ドッジボールという競技を、学校という教育の場で行っていることです。

公正の説明でも伝えましたが、
ドッジボールを追求しようとすると、「ぼく」の行動は正しいです。
学校教育を追求しようとすると、「ぼく」の行動はまちがっています。

学校教育の場なので、当たり前のように後者を追い求めるようになってしまいますが、
前者の考えもあることを押さえておきたいですね。

特に、ドッジボールが好きな子は、協力よりも勝利を追い求めるのは当然でしょう。
ドッジボールに限らず、子どもたちの集団生活の中では、たびたび起こるジレンマです。

「公平」とはなにか。
これから「公平」を大切にすると、どんないいことがあるか。

3年生も終盤の今、じっくり考えたいですね。

3 導入

T:教師 C:子ども

T:ドッジボールは好きですか?
C:うん!
C:あんまり得意じゃないかな・・・

T:今日は、ドッジボールでよく起こりそうなトラブルについて考えましょう。

4 発問

・この話で喜んでいるのはだれだろう。
・ドッジボールに勝つことより大切なことはなんだろう。
・ドッジボールに勝ちたいという気持ちは、まちがっているのだろうか。

・この話で、誰と友達になりたいだろうか。
・たかしくんは、ドッジボールに勝ちたくないのだろうか。
・ぼくはみんなのことを考えていて、たかしくんは自分のことを考えているから、みんなのことを考えているぼくの判断の方が正しいのではないか。

・ボールは、「たかしくん(ぼく)」のものではなく、学校のもので、みんなのものではないのか。
・たかしくんは自分勝手ではないか。
・「ぼく」は自分勝手ではないか。

5 まとめ

・自分がいいと思っても、相手がどう思うか考える。
・自分の言ったことやしたことで、相手が傷つくかもしれないと考える。

このようなポイントを押さえてまとめができるといいですね!

 

はい、ということで今日は
『3年「ぼくのボールだ」【公正、公平】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!

また明日もお楽しみに。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このブログでは、道徳の教材解説をしています。 ほとんどの教材を解説しているので、 日々の授業や研究授業のときに使ってください。

トップページの検索で「教材名」を入れるだけで、その記事にジャンプできます。

例 : はしの上のおおかみ

「この記事の解説がない!」という場合は、お知らせください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□