2年

2年「あぶないよ」【節度、節制】の指導案はこうする!

teal 3-door hatchback on road

こんにちは。
今日は『2年「あぶないよ」【節度、節制】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

この内容項目は「節度、節制」です。
『分かっているようで分かっていない』と
よく言われる内容項目です。
子どもが、じゃありません。
教師がです。
節度と節制の違いってなんでしょうか?
どちらが大切なのでしょうか?
そもそも、節度って何・・・?

今日は、これらのことについて、
考えていきましょう!

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

A 主として自分自身に関すること
「節度、節制」
1・2年の目標・・・・健康や安全に気を付け、物や金銭を大切にし、身の回りを整え、わがままをしないで、規則正しい生活をすること。

2年生「あぶないよ」(日本文教出版)

あらすじ
スーツを着た男の人が車から降りてきて、スーパーへの道を聞いてきました。
道を説明しますが、男の人はよくわかりません。
「この車に乗ってスーパーまで連れて行ってくれませんか。」と言われて、
ぼくは、お母さんの「知らない人の車に乗ってはいけませんよ。」と言う言葉を思い出しましたが、男の人に「はい。」と答えました。
silver sports coupe on asphalt road

2 内容項目と教材

本音と建前

シンプルな4コマ漫画の教材ですが、
子どもたちにとっては印象に残る教材になるでしょう。

いろいろと言いたくなることがあるからです。

きっと子どもたちは、この教材を読んで、
「ついていくのはよくない。」
「車に乗ってはいけない。」
「あぶない目にあうよ。」
と思うことでしょう。

それは、これまでにも学習で似たような教材で
安全教育について学習しているからです。

教材の中の話だから男の人についていっているけど、
自分は実際にはそんなことはしない。

という考えの上で出る意見は、建前の意見しかなく、
授業は盛り上がりません。

「実際に自分の身に起きたら、自分はそんなことはしない。」と、
他人事のように考えてしまい、道徳の授業中だけの意見になって
生活に結びつかないことになってしまいます。

年間で約1200人の子どもが行方不明になっている

しかし現実問題として、多くの子どもが行方不明になっていることがデータからわかります。

下の表では、平成30年(2018年)には、
9歳以下の子どもの行方不明者数は1,216人となっていることがわかります。

なんと、1年で約1,200人以上もの子どもが行方不明。
かなりの数ですね。

子どもが誘拐されたり、事件に巻き込まれたりする可能性は
だれにでもあるのです。

子ども、行方不明

引用元:https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/fumei/H30yukuehumeisha_zuhyou.pdf

未来を想像する

「ぼく」は、どんな点がマイナスだったのでしょうか。

それは、「想像力」です。
この先、自分が思うように行動したらどうなるだろう。
「もし、男の人が悪い人だったらどうしよう。」と先を考えることが足りなかったと言えます。

「節度、節制」の核は、想像力です。
先のことを考えて、どうなるか想像することで
自分の身を守ることができる可能性が高まるのです。

事象ではなくポイントで考える

とはいっても、この教材で授業をするとなると、
「知らない人の車には乗ってはいけない」という
狭いまとめしか出てこない可能性があります。

そうではなく、「節度、節制」の核である『想像力』が伸びるように、
もっと抽象度を上げたまとめをしてみましょう。

例えば、次の場合はどうでしょうか。

①知らない人が自転車でやってきて、「おかしをあげるよ。」とアメを差し出された。
②ちょっと公園で、わたしの特技を見てほしい。
③「『鬼滅の刃』のマンガで、教えてほしいことがあるから家まで来てほしい。」と言われた。

こんなことが実際に起きたとしたらどうでしょうか。
「知らない人の車に乗ってはいけない」という学びだけでは
不十分なことがわかりますよね。

教材と、上の①〜③の事例で、全てに共通する学びとはなんでしょうか?

子どもたちと考えたいですね。

すでに述べたように、やはり「想像力」が大事になってきます。
先のことを考えて、危ないと思ったらついて行かない。(受け取らない。)
大丈夫そうだと思っても、人が多いところで話す。
大丈夫そうだと思っても、いつでも逃げられるようにしておく。

「大丈夫だろう」と思っても、完璧なことはありません。
かといって、「道を教えて」と言われて教えないのも変な話です。

2年生であろうが、「自分の身は自分で守る」が鉄則です。
しかし、怪しいことは全て遮断する、という考えでは人間関係が成り立ちません。

知らない人でも、知っている人でも、
想像力を働かせて、先のことを考える。
危ないと思ったらやめておく。
大丈夫だと思っても、もし失敗した(思ったこととちがうことになった)としても、
対応策を考える。

これらのことがポイントになってきます。

2年生にとっては言葉は難しいですが、
「先のことを考えて行動する」と言葉を平易なものにすれば、
概念は理解できるはずです。

恐れずに、子どもたちに「身を守る力」を身につけるために、
考えが深まる発問をしていきましょう。

shallow focus photography of orange Volkswagen Beetle

3 導入

T:教師 C:子ども

T:知らない人に道を聞かれたらどうしますか?
C:教える。
C:教えない。

T:どうして教えるの? どうして教えないの?
C:知らない人は怖いから(教えない)
C:困っている人は助けたほうがいいから(教える)

T:今日は、知らない人と会ったとき、どんな心をもっておけばよいか考えましょう。

4 発問

・「ぼく」は悪い子だろうか。
・本当に男の人は悪い人だろうか。
・(4コマ目の吹き出しを隠して)男の人はどう思っているだろう。

・道を教えることが悪いことなのだろうか。
・知らない人には道を教えるのも、あいさつをするのもだめなのだろうか。
・もし、男の人が家の人の知り合いだったら、ついていった方がいいのではないか。

・なぜお母さんは、「知らない人の車にのってはいけません。」と言ったのだろう。
・車に乗るぐらいなら、別にいいのではないか。
・道を聞かれたら、すぐに逃げるのがいいのだろうか。

  • black Audi R8 parked beside road

5 まとめ

『先のことを考えて行動する』

このことを「想像力」をキーワードにして、
子どもの言葉でまとめていきたいですね!

はい、ということで今日は
『2年「あぶないよ」【節度、節制】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!

また明日もお楽しみに。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このブログでは、道徳の教材解説をしています。 ほとんどの教材を解説しているので、 日々の授業や研究授業のときに使ってください。

トップページの検索で「教材名」を入れるだけで、その記事にジャンプできます。

例 : はしの上のおおかみ

「この記事の解説がない!」という場合は、お知らせください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□