6年

6年「心づかいと思いやり」【親切、思いやり】の指導案はこうする!

親切、思いやり
man in white crew neck t-shirt and brown shorts standing on red metal railings during

こんにちは。
今日は『6年「心づかいと思いやり」【親切、思いやり】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

「親切にしましょう」って子どもの頃から
よく言われましたよね。

困っている人を助けるとか
力を貸してあげるとか
その対象はお年寄りだったり子どもだったり
身近な人だったりと、いろいろです。

親切にすると、相手は当然喜びますよね。
じゃあ相手が喜んで、
自分は苦しい、もしくは悲しい気持ちになる行動は
親切と呼べるのでしょうか。

親切にしたら、
自分はどんな気持ちになるのでしょうか。

親切という当たり前にわかっていることを
改めて聞かれると、「あれ?」となりますよね。

さらに、親切と一口に言っても
いろんな親切があるのだろうか?
と考えたくなります。

これが、道徳の面白さです。
そして、これが多角的な考え方です。

今日は、親切について教材を使って考えてみましょう!

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

B 主として人との関わりに関すること
「親切、思いやり」
5・6年の目標・・・・
誰に対しても思いやりの心をもち、相手の立場に立って親切にすること。

6年生「心づかいと思いやり」(日本文教出版)

あらすじ
詩「行為の意味」
<こころ>は見えない。けれど<こころづかい>は見えるのだ
それは 人に対する積極的な行為だから

<思い>は見えない。けれど<思いやり>はだれにでも見える
それも 人に対する積極的な行為だから

あたたかい心があたたかい行為になり
やさしい思いがやさしい行為になるとき
<心>も<思い>も 初めて美しく生きる
それは人が人として生きることだ
close-up photography of two men facing on seashore during sunset

2 内容項目と教材

挿絵がなく、見開き2ページで完結する文字だけの教材です。
簡単なようで、こういった想像力をふくらませる教材が、実は一番むずかしいですよね。

この詩で思い出すのは、2011年3月11日。
東日本大震災が起きて、起業がテレビCMを軒並み辞退しました。

繰り返し流れたのは、ACのCMでした。

今回の教材をもとにしたCMです。
文字の教材だけでイメージがつきにくいと感じたならば、この動画を補助教材として見せるのもよいでしょう。

では授業はどうやって組み立てればいいのでしょうか?

ズバリ「ヘリクツをこねる」ようにしましょう。
子どもにとにかくヘリクツを言うのです。

・「思い」だけでなぜだめなのか?
・「心配する」だけでは、相手のことを大切にしていることにならないのか。
・相手のことを気にしない人より、気にする「こころ」をもっている人の方がましではないか。
どうでしょう。
子どもが先生を説得しようと反論してくる気がしませんか?
 
こういった「ヘリクツ」をあえて言うと、子どもは新しい視点を得られるので、多面的・多角的な視点を得ることができます。
 
なぜ「こころ」だけではだめなのか。
なぜ「思い」だけでは不十分なのか。
 
この部分を言語化して考えられるようにしましょう。

3 導入

「親切ってどういうこと?」と聞きます。
きっと、
○~してくれること
○~してあげること
と、行為を中心にした発言が多いことでしょう。

親切=なにかをする、という行為でとらえることは
当たり前だからです。

その後、「なにもしない親切ってあるのかな?」と
問い、子どもの「うーん」を意図的に作ります。

「本当の親切を、みんなで考えていきましょう。」と言って、
教材に入ると、バッチリですね。

fitted cap on swim ring by wooden panel

4 発問

・「思い」だけではなぜだめなのか。
・「こころ」だけではだめなのか。
・相手のことを心配しない人より、心配する人の方がいいのではないか。

5 まとめ

・何をしたら相手のためになるのか、相手の立場に立って考えて行動することが思いやり。
・相手の幸せを思って行動することが、本当の思いやり。
こういったポイントが子どもの言葉でまとめられるといいですね!
 

はい、ということで今日は
『6年「心づかいと思いやり」【親切、思いやり】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!

また明日もお楽しみに。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このブログでは、道徳の教材解説をしています。 ほとんどの教材を解説しているので、 日々の授業や研究授業のときに使ってください。

トップページの検索で「教材名」を入れるだけで、その記事にジャンプできます。

例 : はしの上のおおかみ

「この記事の解説がない!」という場合は、お知らせください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□