1年

1年「もりのぷれぜんと」【公正、公平】の指導案はこうする!

道徳の公正、公平

こんにちは。
今日は『1年「もりのぷれぜんと」【公正、公平】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

公正と公平って、よく似た言葉ですよね。
ざっくりと同じ意味で捉えていて、違いなんて意識したことはない。
そんな人がほとんどでしょう。
公正、公平って平等ってこと。
つまりは差別をしてはいけないということ。
このあたりの理解で、日常生活は困りません。

しかし、これが道徳の授業をするという立場になったら、
もう少し深く理解しておかなければならないような気がします。
今日は、公正と公平の違いついて、考えてみましょう!

では、解説です!

順番に解説します。

もくじ
  1. 1 教材について
  2. 2 内容項目と教材
  3. 3 導入
  4. 4 発問
  5. 5 まとめ

1 教材について

1年生「もりのぷれぜんと」(日本文教出版)

内容項目 C 主として集団や社会との関わりに関すること
「公正、公平、社会正義」
1・2年生の目標・・・自分の好き嫌いにとらわれないで接すること

「もりのぷれぜんと」あらすじ

森でたぬきさんがプレゼントをみんなに配っています。
みんな、列にならんで順番を待っています。
そこにきつねがやってきて、一番前に並びました。
するとみんなが「ずるいよ!」「うしろにならんでよ!」と
言い始めます。
しょんぼりして後ろに並ぶきつね。
そこにおおかみがやってきて、当たり前のように列の後ろに並びます。
みんな笑顔になり、きつねも照れくささそうに笑っています。

2 内容項目と教材

・この内容項目は、いつも先生達を悩ませるところです。
前提として、公正と公平の違いについて、以下の例で説明をします。

Aさん、Bさん、Cさんの3人が、1時間アルバイトをしました。
3人とも同じ業務内容、同じ成果です。
仕事の報酬としてもらったのは、
3人とも同じ金額で500円でした。
これは、公正でしょうか? 公平でしょうか?

・3人とも同じ金額なので、『公平』だということは自明だと思います。
しかし、1時間で500円というのは、最低賃金を下回っているので、
適正な時給の価格とは到底言えません。
これは、公正ではないと言えます。

・つまり、公平と公正は、
必ずしも一致しない場面が日常生活ではたくさんあるのです。
先ほどの例のように
①公平だけど公正じゃなかったり、
②その反対に公正だけど公平じゃなかったり、
(Aさん1000円、Bさん1500円、Cさん5000円)
③公平でも公正でもなかったり、
(Aさん100円、Bさん50円、Cさん0円)
など、公正と公平が同居しないことは、社会ではよくあります。
まずはこのことを、予備知識として押えておきましょう。

・公正、公平のちがいを意識して学習するのは、
中学年以降で大丈夫です。
なぜなら、1・2年生の目標は
自分の好き嫌いにとらわれないで接すること
だからです。

・人はだれしも好き嫌いがあるもの。
それを押えた上で、
公正・公平にしなければならない場面では
正しい行動をする。
そのために大切な心はなんだろうと考えることが大切です。
つまり、公正・公平のちがいは意識せず、
ざっくり「平等に接するために大切な心を考える」
思っておけばいいでしょう。

・日文の教科書の別冊には、
「いいきもちのどうぶつに、あかえんぴつで○をつけましょう。」と
いい気持ちになっている動物を見つける活動があります。
2枚の絵の比較もできるので、
視覚的に分かるよい活動ですので、
ぜひやってみることをオススメします。

・子どもはその○をもとにして、
話し合いをすることができるでしょう。

・1年生の段階では、無理にワークシートを用意する必要はありません。
「道徳は考えを書かないといけない」と思っているのであれば、
方法が目的になっています。
文字として書くことはできなくても、
頭の中では確実に思考をしています。

・別冊で見つけたいい気持ちの動物の○をもとに、
じゅうぶん、子どもは自分の考えを語ることができます。
あまり凝り固まらず、柔軟な発想で授業を創っていきましょう!

・ところで、きつねがしたことはいわゆる「割り込み」です。
割り込みは、なぜ「ずるい」のでしょうか。
確かによくないことですが、
だれに、どんな影響があるのでしょうか?
割り込みをする人は、どんなことを一番に考えているのでしょうか。

・もし余裕があれば、考えてみたいですね。
「もりのぷれぜんと」を飛び出して
他のことに応用できる考えが出てくるはずですよ!

・あえてこれについての私の答えは書きません。
ぜひ、授業の前にご自身で考えてみてくださいね。

・「もりのぷれぜんと」と
この次の「ぞうさんとおともだち」の2つで
『人とのかかわり』と題して
小単元が構成されています。
これは、いじめについて考えることが主なねらいです。
「もりのぷれぜんと」の『公正、公平、社会正義』
「ぞうさんのおともだち」の『友情、信頼』
この2つで、よりよい人との関わりについて考えます。

・ということは、それぞれの教材で役割があります。
「もりのぷれぜんと」で、「みんな同じだと気持ちいい心」について考え、
「ぞうさんのおともだち」で、「人のことを思いやると気持ちいいこと」について考えます。
先を見越すと、今、この教材でなにを気付かせるべきか、
見えてきますね。

3 導入

・「ずるい」をキーワードに進めてみてはどうでしょう。
「ずるいってどういうこと?」と聞いてみます。
いやなこと
だめなこと
○○をすることなど
多くの視点が出るでしょう。

・その後、「ずるいことは、どうしてだめなの?」と続けます。
いやな気持ちになる
かなしい
など続きます。

・「今日は、ずるいことをしないと、だれがどんな気持ちになるか考えましょう」
と続け、教材に入ります。

4 発問

あくまでも例です。
「児童の実態」、そして「授業者が聞いてみたいこと」を
基準にして発問を選んでくださいね!
そして、上述しましたが、
必ずしもこれらの発問を「書く」必要はありません。

・きつねは早くほしいんだから、割り込みをしてもいいのではないか。
・きつねは「ずるい」と言われたけど、言うことをどうしてきいたのだろう?
・きつねのいいところはなんだろう。
※きつねの悪いところは目につきやすいので、あえていいところを聞きます。
・あとからきたおおかみは、どうして後ろにならんだのだろう。
・この森は、いい森だろうか?
・この森に名前をつけるとしたら、『○○の森』
・タヌキがプレゼント以外に、みんなにあげたものはなんだろう。
・みんなに注意されて嫌なきもちになった後に、プレゼントをもらっても、きつねはうれしくないのではないか。
・きつねへの言い方がきついから、悪いのはみんなの方ではないか。

5 まとめ

・指導要領には「好き嫌いせず」とありますが、
本教材はその視点はほぼありません。

・それよりも「みんな同じだと気持ちいい心」について
焦点を当てていきましょう。

・☆「みんなが同じだと、みんなが気持ちいい」
これを、子どもが発した言葉で
表現したいですね。

・☆を教師が提示するのではなく、
話し合いの中で子どもが発した言葉を、
逃さずキャッチして
☆に使えそうな言葉を書いておくのです。

・すると、「子どもの言葉を使ったまとめ」が
できます。
ちょっとだけレベルの高い話ですが、
意識して授業をしてみると、
ぐーんと授業のレベルが上がりますよ!

はい、ということで今日は
『1年「もりのぷれぜんと」【公正、公平】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!