3年

3年「やめられない」【節度、節制】の指導案はこうする!

節度、節制

こんにちは。
今日は『3年「やめられない」【節度、節制】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

「節度、節制」は何度も記事であつかっていますね!
いつも読んでいる道徳マスターの方は、
もうすでに、得意と呼べる範囲に入っている
内容項目の1つでしょう!

「道徳が得意です!」は
言ったもの勝ちです。
全てを知って、本当にマスターした状態は訪れません。
わたしも、道徳の全てを知っているわけではありません。
決して謙遜しているわけではなく、
わからないこと、知らないことはまだまだありますし、
授業展開を悩むことも多いです。

目の前の教材や子どもの発言について、じっくり考える。
それを積み重ねていくことが、
道徳マスターへの道です!

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

A 主として自分自身に関すること
「節度、節制」
3・4年の目標・・・・
自分でできることは自分でやり、安全に気を付け、
よく考えて行動し、節度のある生活をすること

3年生「やめられない」(光村図書)

あらすじ

まりさは、新しく買ってもらったゲーム機でまりなと公園で遊ぶ約束をした。

夢中になるうちに、ブランコに乗りたい子に気づかなかったり、友達の誘いを断ったりします。

帰り道でも歩きながらゲーム。

夜になってもご飯の直前までゲーム。

ご飯の後もゲーム。
布団に入ってからもゲーム。

知らないうちに、まりさは寝てしまった。

次の日の朝は体調が悪いし、学校の準備も満足にできていなかった。

2 内容項目と教材

『節度、節制』についてお話しします。
この2つは、似て非なる言葉です。
簡単に言うと、節度はルール、節制はルールを守ろうとする心です。
「節度ある行動」という表現は、「世間一般の常識から外れない行動」ということです。

教材ごとに、節度(ルール)について考えるのか、
節制(ルールを守ろうとする心)について考えるのか、
重きはどちらにあるのかを見極める必要があります。

といっても、大半は節制にスポットが当たった教材です。

今回の「やめられない」も、節制にスポットを当てて考えましょう。

そして、「節度、節制」では『ちゃんとする』という言葉を軸にして授業を組み立てることをおすすめします。

『ちゃんとする』と、どんないいことがあるのか。
なぜ『ちゃんとする』ことが必要なのか。
『ちゃんと』しないと、どんなことが起こるのか。

こういった視点で教材を見ると、多くのことに気付きそうですね。

 

まりさは、友達のはるなとゲームに夢中になっています。

夢中になること自体は悪いことではないのですが、夢中になりすぎて、まわりのことに気づかなくなっています。

・公園の遊具を占領してしまっている。
・友達の誘いを冷たい言葉で断っている。
・歩きながらゲームをして道路で注意することに注意できていない。
・学校の準備をせずにゲームをしている。
・布団でゲームをして、お母さんをだましている。

その結果、次の日の朝はいつもの調子が出なくなっています。

果たして、まりさはなにに気をつければよかったのでしょうか?

「全て」と言ってしまえばそれまでなのですが、特になにに気をつければよかったのか。

それを子どもたちと考えたいですね。

また、まりさは悪い子でしょうか?
確かにゲームに熱中してそれ以外のことがおろそかになっているので、きまりを守らない悪い子のように見えるでしょう。

しかし、視点を変えるとどうでしょうか。

・友達のはるなと遊ぶことを最優先に考えて、一緒にいる。
・周りのことが目に入らなくなるほど1つのことに熱中(没頭)している。

どうでしょう?

こう言われると、なんか「悪い子」ではないような気もしてきませんか?

では、なぜ教材を読んだ時に、まりさに対しての印象がよくないのでしょう?

その部分を考えることが、授業の核になりそうですね。

 

ポイントは「ちゃんとする」です。
まりさは、きまりやマナーを守る心が強いでしょうか? 弱いでしょうか?
自分の都合を優先しているでしょうか? それとも他人を優先しているでしょうか?
ここに、節制の大切な心がありそうですね!

まりさが「いい子」か「悪い子」か結論づけるのがねらいではありません。
「ちゃんとする」と、どんないいことがあるのか。
これを考えましょう。

まとめには、そのポイントを書いておきますね!

 

また、インターネットとの付き合い方も教科書では狙っていますが、実際に「○○に気をつけよう」と結論づけるのは道徳の仕事ではありません。
それは学級活動です。
道徳では、「やめられない」心に向き合うには、どんな心が必要なのか、それを考えましょう!

3 導入

T:教師 C:子ども

T:「ちゃんとする」ってどういうことですか?
C:宿題を毎日する。
C:ろうかを歩く。

T:「ちゃんとする」とどんないいことがあるの?
C:自分が困らない。
C:怒られない。

T:困らないのは自分だけなのかな?
C:うーん。

T:では今日は「ちゃんとする」とどんないいことがあるのか、考えていきましょう。

4 発問

・まりさは悪い子だろうか?
・はるなは、朝はどんな様子だったのだろうか。
・まりさは何を一番気をつければよかったのだろうか。

・まりさのやったことは、全部悪いのだろうか。
・まりさが失ったものはなんだろう。
・まりさがごまかせるものと、ごまかせないものはそれぞれなんだろう。

・まりさは、今日もゲームをするだろうか。
・まりさは、後悔しているだろうか。

5 まとめ

「ちゃんとする」と安心で安全

このことが、子どもの言葉で表現できるといいですね!

はい、ということで今日は
『3年「やめられない」【節度、節制】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!

また明日もお楽しみに。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このブログでは、道徳の教材解説をしています。
ほとんどの教材を解説しているので、
日々の授業や研究授業のときに使ってください。

トップページの検索で「教材名」を入れるだけで、その記事にジャンプできます。

例 : はしの上のおおかみ

「この記事の解説がない!」という場合は、お知らせください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□