3年

3年「たった一言」【善悪の判断】の指導案はこうする!

善悪の判断、自律、自由と責任

こんにちは。
今日は『3年「たった一言」【善悪の判断】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

いいことと悪いことの区別を
「教える」という意識が先行してしまいます。

しかし、区別するべきことを「教える」のではなく、
自分はいいと思うか悪いと思うか「考えて答えを出す」ことを大切にします。

強いて教えるとすれば、
「自分の判断基準(ものさし)をもつことの大切さ」です。

まずは、この意識をもって、授業に臨んでくださいね!

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

A 主として自分自身に関すること
「善悪の判断、自律、自由と責任」
3・4年の目標・・・・正しいと判断したことは、自信をもって行うこと。

3年生「たった一言」(光村図書)

あらすじ

グループで話し合いに入れず、ポツンとしている子がいた。
よしふみだった。

ぼくは、よしふみのことが気になっていた。
ぼくは、子ども会の旅行のとき、友達が休んで自分が一人ぼっちだったことを思い出した。よしふみは、休み時間も給食もそうじも、一人だった。

帰りの時間に、けいたとわたると遊ぶ相談をしていた。
そこによしふみも通りかかった。
「よしふみも誘わない?」
2人が迷っているうちに、ぼくは思い切って声をかけた。

「よしふみ! 今日ぼくたちと一緒に遊ばない?」
「いいよ。」
よしふみも、けいたも、わたるも、笑っていた。

2 内容項目と教材

この内容項目は3つに分かれます。

①善悪の判断
②自律
③自由と責任

今回の教材「たった一言」は、①善悪の判断です。

「ぼく」は、以前自分が一人ぼっちになってしまった経験から、
よしふみのことが気になりだします。

よしふみは一人なのに、自分は友達と遊ぶ。

今まで当たり前だったことが、急に悪いことのように思えてきたのです。
それは、新しい判断基準が「ぼく」の心の中に生まれたからです。

・一人ぼっちはとてもつらい。
・仲のよい友達が1人いると、楽しさが全くちがう。

このことを「ぼく」は経験から知っており、よしふみの姿と過去の自分の姿を重ねることで、
一人のよしふみの心が理解できたのです。

これは、「善悪の判断」の内容項目ですが、
よしふみの心を理解するという意味では
Bの視点「相互理解、寛容」も入りますね。

多面的・多角的に見ることのできるいい教材です。

こういった、多くの内容項目が詰まっている教材は授業の核がぶれやすいです。
多くの道徳的価値に子どもたちが気付いて、次々と発表して視点が広がっていくからです。

しかし、そんなときでも焦ることはありません。
教科書に示されている内容項目を軸にすればいい。
単純な話なのです。

今回の内容項目は「善悪の判断」なので、
「ぼく」はどういうことがいいと思ったから、よしふみを誘ったのか。(☆)
その「いい」と思ったことは、今まではいいと思っていなかったのか。(☆)

このように、「ぼく」の心の中の判断基準について考えるようにすれば、ブレることはありません。

たとえ、子どもが他の視点で意見を言って、いっときはその視点について話がふくらんだとしても、
「ところで、・・・」と☆の発問をして、授業を本筋に戻せばいいのです。

難しく考えようとすると、余計にややこしくなります。
複雑な問題ほど、シンプルに考えるようにしましょう!

「ぼく」は、よしふみの姿を見て、「なにかせずにはいられない心」が芽生えたのです。
人には、この心が必ず備わっています。
良心と言ってもいいでしょう。

「ぼく」の、この心に触れることができれば、授業は成功と言えるでしょう!

3 導入

T:教師 C:子ども

T:正しいと思ったことを、いつでも言ったり行動したりできますか?
C:はい!

T:できる人?
C:(きっとほとんど手が上がります)

T:じゃあ、友達が一人ぼっちでいたら、みんな声をかけられますか?
C:うーん。仲がいいかによる。

T:あれ? 一人ぼっちの友達に声をかけることは正しいのに、みんなはできない?

今日は、正しいことをするときに大切な心について考えていきましょう。

4 発問

・よしふみは、一人が好きなのではないか。
・「ぼく」とよしふみの心で、同じところはなんだろう。
・けいたとわたるが「だめだよ。」と断ったら、ぼくの気持ちはムダなのだろうか。

・よしふみはうれしかったのだろうか。
・「ぼく」は、よしふみの気持ちは大切にするが、けいたとわたるの気持ちを大切にしないので、友達思いではないのではないか。
・『たった一言』のあとに、どんな言葉が続くだろう。

・「ぼく」とよしふみは仲良くなれるだろうか。
・なぜ、今までよしふみは一人だったのだろうか。
・遊びに誘ったのは、よしふみは迷惑だったのではないだろうか。

5 まとめ

・正しいと思ったことをするかどうかは、状況や場所、相手の様子を考えて決める。
・いいと思ったことは、一人でもやることで、助かる人がいる。

このようなことが、子どもの言葉でまとめられるといいですね!

はい、ということで今日は
『3年「たった一言」【善悪の判断】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!

また明日もお楽しみに。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このブログでは、道徳の教材解説をしています。
ほとんどの教材を解説しているので、
日々の授業や研究授業のときに使ってください。

トップページの検索で「教材名」を入れるだけで、その記事にジャンプできます。

例 : はしの上のおおかみ

「この記事の解説がない!」という場合は、お知らせください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□