2年

3年「さと子の落とし物」【友情、信頼】の指導案はこうする!

black skeleton keys

こんにちは。
今日は『3年「さと子の落とし物」【友情、信頼】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

友情、信頼

道徳のど真ん中の内容項目ですね。
いざ授業をしようとすると、
「友達と仲良くするのがいいこと」
「信頼しあうことは大切」など
『月並みなまとめ』しかたどりつかないことが多いですよね。

でもそんなこと、
子どもたちは知っています。
知っていることを45分かけて確認する授業なんて、
なんとつまならないことか・・・・

せっかくなので、今日の記事を読んで、
グッと深まる道徳をしましょう!

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

B 主として人との関わりに関すること
「友情、信頼」
3・4年の目標・・・・友達と互いに理解し、信頼し、助け合うこと。

3年生「さと子の落とし物」(日本文教出版)

あらすじ
さと子は遠足で公園に行きました。
お弁当を食べ終えたとき、家の鍵を落としたことに気付きました。
女の子たちは来た道を戻ってみんなで探すことにしました。
男の子たちは自分たちだけで遊び始めようとしましたが、気になります。
先生にわけを聞いて、「遊びはいつでもできるよ。」と言って鍵を探しにいきました。

みんなで一列になり、ゆっくり這うようにして進み、すなをかき分けながら探しました。
しばらくして誰かがさけびました。「あった!」
今までしょんぼりしていたさと子が、やっとにっこり笑いました。
grayscale photo of audio mixer

2 内容項目と教材

(1)友情とは

「友情、信頼」はその順番に意味があります。
「信頼」よりも「友情」が先にあります。
つまり、信頼よりも友情を優先して考える必要があります。

広辞苑で意味を調べると、

友情・・・友達の間の情愛
信頼・・・信じて頼りにすること

とあります。

信頼よりも友情が大切であることの例を挙げます。
あなたは道を歩いています。
通行する見知らぬ人に、
いきなり住所などの個人情報を伝えることはできますか?

きっとほとんどの人が「できない」と答えるでしょう。
「何で教えないといけないの?」
「どこにばらされるか分からない。」
「そもそも、だれ?」

そう思うのは「信頼」という基礎が、人間関係の中にできていないからです。
つまり、友情がないと信頼もできないのです。

では「友情」とは何でしょう。
広辞苑の意味の通り,
「友達との情愛」略して「友情」なのです。

では、情愛とはなんでしょうか。
再び広辞苑で調べると、
情愛・・・情け、いつくしみ、愛情

具体的には、

☆友達が困っているから助る
☆友達の気持ちに共感する
☆友達に対して好感をもつ

これらのことを数十回、数百回くり返して、
「友情」と呼べる関係ができあがるのです。

その過程の中では、自己開示が必ず必要です。
自分のことをさらけ出したり、
本音を言い合ったりして、
関係が深まっていくのです。

そうしてできた「友情」があるから、
初めて次の「信頼」が成り立つのです。

教材研究の場面では、
①「友情」か「信頼」か、どちらに重きを置いているのか考える。
②例えば「友情」に重きが置かれているなら、登場人物同士は
なぜ友達と呼べるのか、本当の友達と呼べるのか、などという発問を考える。

この流れで教材研究をすると、本質に向かう授業ができます。

gray key

(2)友情に重きを置く

「さと子の落とし物」では、『友情』に重きを置きましょう。
男女関係なくクラスのみんなで助け合う話です。

友情に男女の関係をいれて考えることは実は高学年の内容です。
実際、高学年の「友情、信頼」の目標は次のようになっています。

友達と互いに信頼し、学び合って友情を深め、異性についても理解しながら、人間関係を築いていくこと。(5・6年「友情、信頼」)

しかし、今回の教材では男女の区別が教材の核になっているので、そこに視点を当てて考えましょう。

実際には、2つの友情を考えます。
A 女の子同士の友情
B 男女の友情

それぞれ考えます。

A 女の子同士の友情

さと子が「鍵をなくした!」と言ってからの行動を考えてみましょう。

・「お家の人が帰ってくるまでわたしの家で遊んでいいよ。」と解決策を提示している。
・「合鍵がすぐ作れるよ。」と励ましている。
・「どのあたりで落としたの?」と詳しく聞いている。
・「みんなで探しに行こう」と提案している。
もともと仲がよいのでしょう。すばらしい対応ですね!

B 男女の友情

対して、男女間の友情はどうでしょうか。

女の子たちが何やら変わった動きをしていることに気付きます。

この時点で、変ですよね。
男女の仲がよいのであれば、さと子の鍵を「探そう」となった時点で男の子にも声をかけてもいいはずです。

しかし、女の子たちが変わった動きをしていることに気づいて、異変に気付きます。

ということは、女の子たちは男の子たちを
・頼りにしていない
・力を借りなくても大丈夫

このいずれかを思っているということです。

仲の良いクラスなら、最初から一緒に探してもおかしくないですよね。
ここの男女の関係のちがいを、考えてみたいですね。

また、男の子は女の子たちが鍵を探しに行っている姿を見て、最初は構わず遊ぼうとしましたが、次第に気になり始めます。

そのうち、
・先生にわけを聞いて、
・男の子みんなで相談して
・「遊びはいつでもできる」と結論づけて
・探すのを手伝っています。

なぜ、男の子たちはこのような行動ができたのでしょうか?

男女の関係がそれほど深くないのであれば、構わずに遊んでいてもよかったはずです。
しかしそうはしなかった。

男の子の目標とする関係はどんな関係だったのでしょうか?
男の子たちは、何を考えて手伝ったのでしょうか?
女の子たちは迷惑ではなかったのでしょうか?

みんなで考えてみたいですね!

three silver keys

3 導入

・そもそも論で聞いてみましょう。
「友達ってどういう人のこと?」
☆仲の良い人
☆一緒に遊ぶ人
☆助け合える人
などと多くのことを言ってくるでしょう。

・そこで、問い返しをしてみます。
★「ケンカをして仲が悪くなったら、友達ではないの?」
★「いっしょに遊ばなかったら、友達ではないの?」
などと、ちょっと導入時点で掘り下げてみます。

・ここでは、結論を出すことが目的ではありません。
「友達って、自分が思っているよりもっと広い意味がありそうだ」と
考えたいという意欲を高めることが目的です。

・「今日は友情について考えていきましょう」と言い、
教材に入ります。

4 発問

・男の子たちはなぜ探すのを手伝ったのだろう。
・女の子たちは、なぜ男の子に声をかけなかったのだろう。
・もし男の子が手伝わなかったら、どうなっていただろうか。

・この話で喜んでいるのはだれだろう。
・女の子たちは、男の子に声をかけなかったのだから、手伝ってほしくはないのではないか。
・もし鍵が見つからなかったら、みんなの気持ちは無駄になるのだろうか。

・このクラスの友情レベルは、上がった?下がった?
・このクラスはいいクラスだろうか。

5 まとめ

男女関係なく、相手のことを考えて助け合うことが大切

このことが、子どもの言葉を使ってまとめられるといいですね!

はい、ということで今日は
『3年「さと子の落とし物」【友情、信頼】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!

また明日もお楽しみに。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このブログでは、道徳の教材解説をしています。 ほとんどの教材を解説しているので、 日々の授業や研究授業のときに使ってください。

トップページの検索で「教材名」を入れるだけで、その記事にジャンプできます。

例 : はしの上のおおかみ

「この記事の解説がない!」という場合は、お知らせください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□