2年

2年「一りん車」【規則の尊重】の指導案はこうする!

規則の尊重
silhouette photo of man riding unicycle

こんにちは。
今日は『2年「一りん車」【規則の尊重】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

規則の尊重は、かんたんに言うと
「きまりを守る大切さ」です。

では、きまりは、なぜ守らないといけないのでしょうか。
子どもの立場なら、
・怒られるから
・先生が言ったから
などがあげられるでしょう。

しかし、これは外圧的なもので
罰などの強制力から、
きまりを守る心が生まれています。

果たして、きまりとは本当にそうあるべきなのでしょうか?

きまりについて、
教材解説で考えていきましょう!

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

C 主として集団や社会との関わりに関すること
「規則の尊重」
1・2年の目標・・・・約束やきまりを守り、みんなが使う物を大切にすること。

2年生「一りん車」(日本文教出版)

あらすじ
ひでくんとまさきくんは一りん車にのるのが大好きです。
昼休み、ふたりは一りん車おきばに走っていきました。
「あった、あった。よかった。」
一りん車は人気なので使われてしまうことが多いのです。

昼休みが終わると、ふたりは話しています。
「次の休み時間も使いたいね。ほかの人にとられないように、たいいくそうこのうらにかくしておこうよ。」とひでくん。
まさきくんも(もっとれんしゅうしてうまくなりたいな。)と思ったので、ふたりはかくしました。次の休み時間、ひみつの場所から一りん車を出して思い切り遊びました。
ふたりはうれしくなって、同じ場所に一りん車を隠して家に帰りました。

次の日のちょうれいで、先生が一りん車をもって話しました。
「この一りん車はたいいくそうこのうらにかくしてありました。きっと一りん車で遊ぶのが大好きな人だと思いますが、先生はとても残念です。」
まさきくんはむねがちくりと痛くなりました。
ひでくんは下を向いて困った顔をしていました。
black unicycle

2 内容項目と教材

1・2年生の「規則の尊重」の目標は「約束やきまりを守り、みんなが使う物を大切にすること」とあります。

それに対して、3・4年、5・6年の目標には「物」という言葉はなく、「意義」「義務」という言葉が入ります。
このことからなにが言えるのか。

1・2年生にとって規則の尊重(ルールを守ること)は、抽象的な概念になるため、身の回りの物という具体物を土台にして考えることがよい、ということです。

規則は、次のように言い換えられます。

約束
ルール
きまり
マナー

子どもの考えやすい言葉を選んで授業では使ってください。
この言葉のちがいを考えるのは中学年以降で大丈夫です。

では、約束やきまりはなぜ守らないといけないのでしょうか。

  1.  人が困る。(個人)
  2.  自分が困る。(自分)
  3.  みんなが困る。(集団)

本質的にはこの3つがあるから、「守るべきもの」とされているのです。

 

では、「一りん車」では、このうちどれが当てはまるでしょうか。
本文では直接書かれてはいませんが、
一りん車をかくすと、1の次に使いたい「人が困る」ことになりますよね。

しかし、果たしてそれだけでしょうか。

使いたいは困っていますが、他の人は困っていないでしょうか。
ふたりは「自分たちのことだけ」を考えて、一りん車を隠しました。
つまり自分勝手に行動しているということです。

学校で自分勝手に行動する人が増えたらどうなるでしょう。

・ろうかを走る。
・友達を悪口で傷つける。
・物を壊す。 etc

こんなことが続くと、3のみんなが困るも当てはまりますよね。

が、しかし。
ここではそこまで深入りしなくていいです。

自分と友達が困る。
この認識で充分です。

1・2年生の段階では、きまりの意義というよりも、「きまりを守るために大切な心」を考えることに重きを置きましょう。

きまりはなぜあるのか、きまりを守らないとなぜ集団の秩序が崩れるのか、という点は中学年以降で考えるので大丈夫です。

「きまりを守るために大切な心」について考えるようにしましょう。

white and black unicycle behind the wall

3 導入

T:教師 C:子ども

T:きまりを守るとどんないいことがありますか?
C:怒られない。
C:みんなが困らない。

T:みんなってだれ?
C:クラスの人。
T:じゃあ1年生の人だけ困らないようにすればいいんだね?
C:2年生も、3年生も。

T:では、きまりってだれのために守るんですか?
C:みんなのため。
C:自分のため。

T:今日は、きまりはだれのために守るのか、考えていきましょう。

4 発問

・ひでくんとまさきくんは「悪い子」だろうか。
・ひでくんとまさきくんの「いいところ」はどこだろう。
・ふたりは、先生や友達にバレることは考えていなかったのだろうか。

・ふたりは、もう一りん車を隠さないのだろうか。
・ふたりは、次からはどんなことに気をつけて一りん車で遊ぶだろうか。
・「一りん車で遊びたい」という気持ちは、間違っているのだろうか。

5 まとめ

○きまりはみんながいい気持ちになるためにある。
○みんなが使う物は大切に使う。
○後に使う人や自分のことを考えてきまりを守る。
この2つを押さえたまとめになるといいですね。

まとめるときのポイントは、「子どもの言葉を使う」です。

こちらがいい言葉を提示しても、子どもの心に残らなければ意味がありません。
子どもがポイントを押さえた発言をしていたら、逃さずキャッチして板書しましょう。

例えば、
・きまりがあるとみんなニコニコ
・先の先を考える
・ものにも心があるからやさしくする
・たいせつにつかわないと、◯◯(もの)もないてしまう。

これらの言葉も、上の2点を押さえていますよね。
子どもの言葉を使うことで、子どもは記憶に残るし、印象的なまとめとなります。

言葉を押し付けず、まとめを子どもに委ねてみましょう!

はい、ということで今日は
『2年「一りん車」【規則の尊重】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!

また明日もお楽しみに。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このブログでは、道徳の教材解説をしています。 ほとんどの教材を解説しているので、 日々の授業や研究授業のときに使ってください。

トップページの検索で「教材名」を入れるだけで、その記事にジャンプできます。

例 : はしの上のおおかみ

「この記事の解説がない!」という場合は、お知らせください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□