3年

3年「おじいちゃんとの楽しみ」【親切、思いやり】の指導案はこうする!

親切、思いやり
man wearing maroon, white, and blue stripe long-sleeved shirt lifting up baby wearing gray onesie

こんにちは。
今日は『3年「おじいちゃんとの楽しみ」【親切、思いやり】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

「親切にしましょう」って子どもの頃から
よく言われましたよね。
困っている人を助けるとか
力を貸してあげるとか
その対象はお年寄りだったり子どもだったり
身近な人だったりと、いろいろです。

親切にすると、相手は当然喜びますよね。
じゃあ相手が喜んで、
自分は苦しい、もしくは悲しい気持ちになる行動は
親切と呼べるのでしょうか。

普通に親切にしたら、
自分はどんな気持ちになるのでしょうか。

親切という当たり前にわかっていることを
改めて聞かれると、「あれ?」となりますよね。

さらに、親切と一口に言っても
いろんな親切があるのか?
と考えたくなります。

これが、道徳の面白さです。
そして、これが多角的な考え方です。

今日は、親切について教材を使って考えてみましょう!

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

B 主として人との関わりに関すること
「親切、思いやり」
3・4年の目標・・・・相手のことを思いやり、進んで親切にすること

3年生「おじいちゃんとの楽しみ」(日本文教出版)

あらすじ
「わたし」の家にはねたきりのおじいちゃんがいる。
元気な頃は、弟・妹も含めて3人をとても大切にしてくれた。
突然倒れて入院して、今は家に帰ってきているが寝たきりだ。
わたしは、毎朝おじいちゃんに「おはよう。」と言っている。
おじいちゃんは小さい声だけどしゃべるときがあるからだ。わたしは、おじいちゃんがしゃべれるようになってほしいと、いつも声をかけている。
あんなに元気ではたらいていたおじいちゃんなのに、今は天井を見ているだけです。
さみしいしつらいだろうと思います。わたしが話しかけることでよろこんでもらえるなら、とてもうれしいです。

わたしは、町で会ったお年寄りに声をかけるようにしています。お年寄りの人が楽しくなってくれると思うからです。
side view of man's face

2 内容項目と教材

もう一度、目標を確認してみましょう。
「相手のことを思いやり、進んで親切にすること」とあります。
『進んで』とありますね。
この部分がポイントになります。

人は相手の気持ちを考えることができます。
相手の気持ちを考えて、自分の感情と共通する部分が見つかったり、
悲しみの気持ちや同情の気持ちが芽生えたとき、
何かをしてあげたくなります。

それが、「進んで」の部分なのです。
相手が求めていないのに、進んでやることは親切ではありません。
相手の気持ちを考えずに行う親切は、もはや「大きなお世話」です。

親切にもいろいろな形がある
という多角的な見方をここでは大切にしましょう。
そして、本当の親切とは何か、
まとめの段階で再定義をできると、
授業が締まります。

「わたし」は、おじいちゃんに毎朝声をかけています。
おじいちゃんからは反応があったり、なかったりするにも関わらずです。
では、なぜ「わたし」は声をかけるのでしょうか。

それは、本文にもあるとおり、
「おじいちゃんがしゃべれるようになってほしいから」です。

なんとなく納得してしまいそうになりますが、さらに一歩踏み込んでみましょう。

◯なぜ、おじいちゃんがしゃべれるようになってほしいのでしょうか?
◯おじいちゃんがしゃべれるようになると、
「わたし」にはどんないいことがあるのでしょうか?

この2つ、深堀りして考えてみたいですね。

「わたし」は、おじいちゃんが元気なころ、たくさんお世話をしてもらいました。
昔の話を聞かせてくれたり、物の名前を教えてくれたりしました。

そのとき、おじいちゃんは孫3人に「思いやり」をずっとあげていたのです。
それが、おじいちゃんが倒れたことで「思いやり」のプレゼントが止まってしまった。

「もうおじいちゃんと一緒に遊べないのかな・・・」

「わたし」はそう思って残念だったに違いありません。
でも、今度は「わたし」がおじいちゃんに「思いやり」をあげる番です。

今までもらった「思いやり」をおじいちゃんに返す。
ここに、この内容項目の本質があります。

思いやりはつながっていく

このことが子どもの中にストンと理解として落ちればOKです。
あまり難しく考えず、「思いやりはリレーのようだ」のような子どもの言葉でまとめられるようにしましょう!

man in white and red polo shirt carrying boy in white and red shirt

3 導入

T:教師 C:子ども

T:「思いやり」ってなんですか?
C:相手を思うこと
C:優しいこと

T:今日は、「思いやり」についてみんなで深く考えていきましょう。

4 発問

・もし、おじいちゃんがいやがっていても、親切と呼べるのだろうか。
・町で会ったお年寄りは、声をかけられたくなかったら、親切と呼べるのだろうか。
・弟・妹は声をかけないのだろうか。

・両親は、「わたし」のことをどう思っているのだろう。
・『おじいちゃんとの楽しみ』は、昔と今で変わっているだろうか。
・おじいちゃんは幸せだろうか。

5 まとめ

思いやりはつながっている
思いやりはリレー

このようなポイントを押さえてまとめられるといいですね!

はい、ということで今日は
『3年「おじいちゃんとの楽しみ」【親切、思いやり】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!

また明日もお楽しみに。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このブログでは、道徳の教材解説をしています。 ほとんどの教材を解説しているので、 日々の授業や研究授業のときに使ってください。

トップページの検索で「教材名」を入れるだけで、その記事にジャンプできます。

例 : はしの上のおおかみ

「この記事の解説がない!」という場合は、お知らせください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□