4年

4年「わたしのゆめ」【個性の伸長】の指導案はこうする!

4年生 わたしのゆめ

こんにちは。
今日は、教材解説です。
「4年「わたしのゆめ」【個性の伸長】の指導案はこうする!」
このテーマでお話しします。

4年生「わたしのゆめ」についてです。

◎内容項目「個性の伸長」
 3・4年生ねらい・・・自分の特徴に気付き、長所を伸ばすこと

目次です。

1 内容項目について

・ねらいに「特徴」という言葉があります。しかし、世の中には、「特長」という言葉もあります。
特徴とは、 他と比べて特に目立ったり、他との区別に役立ったりする点。
特長とは、すぐれた(=長)特徴。
と辞書にあります。
つまり、特徴はいい点も悪い点も含んでおり、特徴の中のよい点が特長ということです。

ねらいには「特徴」とあるので、
いい点も悪い点も含めて自分を見直し、特長を伸ばそうという解釈ができます。
ここでは短所を伸ばすことは含まれていないのですね。
そちらの方が大切だと個人的には思いますが、
ねらいに即すと、振り返り長所を伸ばす、
という方向性で授業を進めることが必要であることがわかります。

・「わたしのゆめ」は、ゆう子が本物の画家である橋本さんの作品と本人の出会いを通して、
ゆう子が画家になる夢を確固たるものにする、という話ですが、
うまくできすぎています。

美術展がそもそも身近にある子は少ないですし、
仮に行ったとしても、そこまで心奪われる作品にはそうそう出会えません。
ましてやその作者とタイミング良く出会い、アトリエに行って話を聞くなんて、
こんなに現実離れした話は、子どもにとっては自分事として捉えにくいでしょう。

・通常の場面ごとに追う発問であれば、
「私も美術展があれば行ってみたい」「絵を描く人はすごいなあ」
という上辺だけの感想になり、
学びはほとんどない道徳になるでしょう。

・この教材で大切なのは、
「ゆう子が自分の特長をすでに見つけており、友達にも認められている」ということ。
この時点で、すでに何もない子と比べてアドバンテージがあります。
それを授業者が理解しておかなければ、
「夢を見つけて、それに向かって突き進むのは素晴らしい」という
すでに知っているまとめになりかねません。

2 発問

・では、現実離れした授業にならないために、
どうすればよいか。方法としては2つです。
①教材に入りこみすぎない
②教材を批判的に読む

①では、教科書の話を参考にして、自分の特長や特徴について考えます。
しかし、4年生では難しいので、ここでは②の説明をします。
②教材を批判的に読む。
「なぜ?」「どうして?」と切り込んで聞くことで、
教材の美しい部分をはぎとり、人間的な部分に迫るのです。
そうすることで、遠い世界の話ではない、自分事に迫る要素が出てきます。
例えば、次のような発問です。

○なぜアトリエに誘ったのだろう
○ゆう子は夕日の絵の何をきれいだと思ったのだろう。
○夕日の絵はなぜ、きれいと感じたのだろう。
○時間をかければいい作品ができるのだろうか。
○努力するためには何が必要なのか。
○もし、好きなことをしても褒められなかったら意味がないのか。
○ゆう子さんと橋本さんの共通する心は何だろう。
○この話で、「自分にしかない心」を持っているのは誰だろう。

かなりひねくれた立場からの発問ですよね。
しかし、これが子どもの思考を生み出す発問になるのです。
この教材は、「個性の伸長」に加えて、
「希望と勇気、努力と強い意志」という内容項目も入っています。
努力というポイントに焦点を当てて発問をして授業を展開すると、
多面的・多角的な見方をできる授業になることでしょう!

3 まとめ

まとめとしては、クラスによってまちまちに分かれるでしょうが、
・自分のよさは、人とはちがう。
・自分のよさはいろいろな方法で伸びる。
・まずはやってみる。
などの要素を、子どもが子どもの言葉で表現できるといいですね!

はい、ということで今日は、
4年「わたしのゆめ」【個性の伸長】の指導案はこうする!
というテーマで教材解説をしました。

教材のリクエストがあれば、いつでもどうぞ!