4年

4年「ぼくはMVP」【正直、誠実】の指導案はこうする!

道徳 正直、誠実

こんにちは。
今日は『言いたいことを言えない、こんな世の中は・・・ダメ?』
このテーマで教材解説をします。

「正直に言いましょう」
「誠実な人」
などと、
正直や誠実については、学校生活で考える場面が多いです。
ということは、子どもたちにとっても身近な内容項目です。

正直に言うこと、誠実に生きることの大切さは知っていますが、
実際に正直さが求められる場面では、
自分の利益やプライド、怒られないという恐怖や不利益の回避など、
様々なことが、正直さを邪魔します。

宿題をやっていないけど、「やったけど忘れました」と言う。
自分だけ怒られたくないから、「ぼくだけじゃないです。」と言う。
意見はあるけど、発表で間違えて笑われたくないから、前の人が言ったことを繰り返す。
などなど、正直さを阻害する要素は、
数え切れないほどあります。

「正直、誠実」を扱う授業では、
その大切さを45分かけて伝えても、
のれんに腕押しです。
知っているのですから。

そうではなく、正直な心とは何か、
誠実とはどんな心から生まれるのか、
という本質を考えて、
核心に気付いた時、
「やってみたい!」と
子どもの心の内側から意欲がわいてきます。
(これを道徳的実践力と言います。)

この姿が、授業の終末では見られるといいですね。

では、解説です!

順番に解説します。

もくじ
  1. 1 教材について
  2. 2 内容項目と教材
  3. 3 発問
  4. 4 まとめ

1 教材について

4年生「ぼくはMVP」(光文書院)

A 主として自分自身に関すること
「正直、誠実」
3・4年の目標・・・・過ちは素直に改め、正直に明るい心で生活すること

「ぼくはMVP」あらすじ
「ぼく」はクラスのみんなとドッジボールをしている。
ひざにボールがかすったが、誰も気付いていない。
雰囲気に押され、そのまま当たっていないということでゲームは進み、
「ぼく」は最後の1人にボールを当てた。
「ぼく」のチームは勝利。
「今日のMVPはこうちゃんだね」とみんなが「ぼく」にかけよってくる。
「ぼく」は本当のことが言えず、気が重くなっていった。

2 内容項目と教材

・まずは、正直、誠実のそれぞれの意味について考えましょう。
それぞれ広辞苑で調べると、
正直・・・心が正しく素直なこと
誠実・・・真面目で真心がこもっていること
とありました。

・うーん、言葉の意味はこのようになっていますが、
この言葉をどのように授業で使えばいいのでしょうか。
結論を言います。順番が大切なのです。

正直は、行動が先で言葉が後。
誠実は、言葉が先、行動が後なのです。

・正直とは何でしょうか。
「正直に言いましょう。」等と使いますね。
これは、自分の行った行動を、嘘偽りなく言葉で表現しましょう、という意味です。
行動→言葉ですね。

・もっと具体的に例をあげましょう。
Aくんが花瓶を割ってしまい、先生に見つかりました。
先生は「何があったか正直に言ってごらん。」と言います。
するとAくんは
「遊んでいて、手が当たって花瓶を割ってしまいました。ごめんなさい。」と言いました。
これは、「花瓶を割ってしまった」(行動)Aくんは、自分の行いを謝る(言葉)という流れです。
このように、行動→言葉の流れのことを、「正直」と呼ぶのです。

・対して「誠実」はどうでしょうか。
正直と似ていますが、「正直に言いましょう。」のように「誠実に言いましょう。」とは言いませんよね。
これは、先に言葉があるからなのです。

・例えば、約束を守る人。
この人は誠実と呼べるでしょう。
これは、「約束をする」(言葉)行為の後に、
「守る」(行動)があるという流れです。
発した言葉やルールに基づいて行動をすることを、誠実と呼ぶのです。

・ここで、話を戻すと、Aの内容項目には「正直、誠実」とあります。
これは、順番が大切です。「誠実、正直」になっていないことがポイントです。
復習しましょう。先にくる正直は、行動が先にきました。
「正直」が先にくるということは、指導要領では、
「まず行動することが大切。」と言っているのです。
まずは行動をして、言葉で後から補足する。
言葉を先に言って行動するよりも、まずは先にいいと思うことをやってみましょう。
動いてみて、初めて分かることがあるんです。

・ここまでは拡大解釈かもしれませんが、実際に教材研究をする際には、
「この教材は、正直に重きを置いているのか、誠実に重きを置いているのか。」
を考えましょう。

・1つの教材で両方を大切に扱っているものはほとんどありません。
たいていは正直か誠実、どちらかの色が濃くなっています。
そして、正直なら正直、誠実なら誠実、重点がどちらか分かったら、
その行動をしている人物に焦点を当てて、発問を作ります。

・では、「ぼくはMVP」は、正直、誠実、どちらに重きが置かれているのでしょうか。
ボールがかすった(当たった)という行動があり、
その後に当たったことを伝える(言葉)ことができていません。
「正直」が達成されていないところに、
この教材の葛藤部分が表れています。
つまり、正直に重きを置いて考えましょう。

・こういった学校を題材にした教材は、
子どもたちにとっては身近でイメージしやすく、
考えやすいという利点があります。
しかし、「こうすればよかった」と
方法を議論する流れになりやすいので、注意が必要です。
道徳は、行為ではなく行為を生む心を考える教科です。

・「ぼく」が当たったことを正直に言えない、という部分が
この教材の核になります。
子どもはきっと、「正直に言えないのはダメだ」
「ぼくは正直に言うべきだ」という
『べき論』で話を進めるでしょう。
しかし、その流れはちょっと立ち止まって考えたいですね。

・なぜなら、「ぼく」のように
正直に言わないといけないけど、言えない場面
は往々にして実生活でもあり、
子どもも少なからず体験しているからです。

・そんなとき「自分だったらどうする?」という問いは、
あまり有効ではありません。
見栄やプライドが邪魔をして、本当のところの経験は
子どもの口から語られることはないからです。

・ここでは「ぼく」のよいところを考えて、
「ぼく」の心情に寄り添いながら、
自分の感情を照らし合わせていくようにします。

・「ぼく」にある意味では同情に近い感情が芽生えることで、
自分も似た経験がある、と想起できます。
この教材の状況をより深く理解すると、
「自分が同じ状況だったら、同じことをするかもしれないな・・・。」と
考え始めます。
これが、自分事として考えるということです。

・自分事として考えるためには、
「自分だったらどうする?」とストレートに聞いても、
効果が薄いときがあります。
聞かれるのではなく、自分から「自分だったらどうするだろう。」と
考え始めたくなる流れが、
理想ですよね。

3 発問

・「ぼく」のいいところはどこだろう。
・ごまかせるものと、ごまかせないものは何だろう。
・言わなければ、嬉しいのは誰だろう。
・「当たった」と言ったら、嬉しいのは誰だろう。
・仲のよさそうなクラスだから、言っても言わなくても、みんなは何も思わないのではないか。
・「ぼく」は、当たったときにすぐ言わなかったから、悪い心をもっているのだろうか。
・みんな喜んでいるから、このまま言わなくてもいいのではないか。
・『「ぼく」は「MVP」(一番活躍した人)ではなく、「一番○○した人」』
○○には何が入るだろう。
・嘘をついても、ほめられているからこのままでいいのではないか。
・もし、クラスの友達が「当たったでしょ」と言ったら、「ぼく」はなんと言うだろう。
・もし、次も同じように当たったけどばれていないことが起きたら、ぼくはどうするだろう。
・「ぼく」はドッジボールが上手なのだろうか。
・もし、ただし君も当たってばれていないところを見たとしたら、「ぼく」はどう思うだろう。

4 まとめ

・正直に言うと、自分も相手も気持ちがスッキリする
このまとめは、ちょっと浅いです。
なぜなら、授業前から知っている結論だからです。
4年生ともなると、1~3年生の先生が
道徳の授業を積み重ねているのですから、
この結論は、45分の授業を受けなくても知っているでしょう。

・4年生では、さらに深掘りをして、
子どもたちの納得解を得たいですね。

・例えば、次のようなものです。
○正直は、状況によって言えるときと言えないときがある。
○正直に言わない方がよいときもある。

などです。
今回の教材のように、正直に言う方がよいこともありますが、
いつも正直に言っているのがいいでしょうか。
例えば、友達に
「寝癖がついているよ」
「ボタンが取れているよ」
「鼻毛が出ているよ」
「背が低いね」
などと思っていることを
正直に言うことは、正しいと言えるでしょうか?

・まとめの言葉が増えそうですね!
ぜひ、私のまとめの発想を超えた授業をしてください。

はい、ということで今日は
『4年「ぼくはMVP」【正直、誠実】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!