6年

6年「コスモスの花」【友情、信頼】の指導案はこうする!

道徳の友情、信頼

こんにちは。
今日は『6年「コスモスの花」【友情、信頼】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

「友情、信頼」は、道徳科といえば!
というぐらい、代名詞の内容項目です。

「正直、誠実」
「親切、思いやり」
「友情、信頼」
この3つは、道徳の王道の内容項目
といっても過言ではないでしょう。

この「友情、信頼」の教材を
骨太に授業できると、
授業スキルが高まります。

そんな王道の「友情、信頼」について
今日は考えていきましょう!

では、解説です!

順番に解説します。

もくじ
  1. 1 教材について
  2. 2 内容項目と教材
  3. 3 導入
  4. 4 発問
  5. 5 まとめ

1 教材について

6年生「コスモスの花」(光村図書)

B 主として人との関わりに関すること
「友情、信頼」
5・6年の目標・・・・
友達と互いに信頼し、学び合って友情を深め、
異性についても理解しながら、人間関係を築いていくこと

「コスモスの花」あらすじ

北山と「ぼく」は、同じクラスで仲がいい。
北山は、のんびりしたタイプで、クラスでもあまり目立たない。
「ぼく」は、授業では積極的に発表する、サッカーはうまい、と
北山と真反対のタイプ。

ある日、クラスの友達がコスモスの花を持ってきて、
花瓶に水とコスモスの花を入れた。
すると、北山がコスモスの花に近づき、
コスモスの花をきれいに生けなおした。

見違えるほどきれいになったコスモスの花を見て、
みんなが北山をほめる。

ぼくは、ほめられている北山を見て気に入らず、
「花なんて女子がやることだろ」と心にもないことを言う。

その後、他の友達が北山の悪口を言っているのを聞いて、
ぼくは思わず、「やめろよ」と声を出していた。

2 内容項目と教材

・「友情、信頼」はその順番に意味があります。
「信頼」よりも「友情」が先にあります。
つまり、信頼よりも友情を優先して考える必要があります。

・広辞苑で意味を調べると、
友情・・・友達の間の情愛
信頼・・・信じて頼りにすること
とあります。

・信頼よりも友情が大切であることの例を出します。
・道を歩いている人に、
いきなり住所などの個人情報を伝えることはできますか?

・きっとほとんどの人が「できない」と答えるでしょう。
「何で教えないといけないの?」
「どこにばらされるか分からない。」
「そもそも、だれ?」

・そう思うのは「信頼」という基礎が、人間関係の中にできていないからです。
つまり、友情がないと信頼もできないのです。

・では「友情」とは何でしょう。
広辞苑の意味の通り,
「友達との情愛」略して「友情」なのです。

・では、情愛とはなんでしょうか。
再び広辞苑で調べると、
情愛・・・情け、いつくしみ、愛情

具体的には、
☆友達が困っているから助る
☆友達の気持ちに共感する
☆友達に対して好感をもつ

・これらのことを数十回、数百回くり返して、
「友情」と呼べる関係ができあがるのです。

・その過程の中では、自己開示が必ず必要です。
自分のことをさらけ出したり、
本音を言い合ったりして、
関係が深まっていくのです。

・そうしてできた「友情」があるから、
初めて次の「信頼」が成り立つのです。

・教材研究の場面では、
①「友情」か「信頼」か、どちらに重きを置いているのか考える。
②例えば「友情」に重きが置かれているなら、
登場人物同士はなぜ友達と呼べるのか、本当の友達と呼べるのか、などという発問を考える。

・この流れで教材研究をすると、本質に向かう授業ができます。

・いきなり飛ばして、「コスモスの花」の教材解説をしています。
本当はこの前に、同じ内容項目で
「ロレンゾの友達」があるので、
そのまとめが、今回の導入になり、
積み重ねた授業をすることが理想です。

・しかし、今回はつながりは意識せず、単発で考えます。

・「ぼく」と北山は友達ですが、
タイプは全く異なります。
その関係は、上下関係のない、フラットなものでしょうか?

・「ぼく」は北山に同情して、友達に「なってあげている」可能性は、
全くないでしょうか?

・「ぼく」の北山に対する思いと、北山の「ぼく」に対する思いは、
同じでしょうか、ちがうでしょうか。
最初から、なんだかこの部分がフラットではない気がする教材です。

・コスモスの花をとおして、「ぼく」の北山に対する思いが変わっています。
では、具体的にどう変わったのでしょうか?
プラスに変化? マイナスに変化?
このあと、「ぼく」と北山は仲良くできるのか。
疑問がわいてくるので、それをそのまま発問にしてみるといいですね。

・また、「ぼく」と北山の関係に目がいきますが、
道徳は多面的・多角的に考える必要があります。

・北山と、コスモスをもってきた田村の関係は、
今後どうなるでしょうか。

・「ぼく」と、北山を悪く言っていた友達との関係は、
今後どうなるでしょうか。

・他の友達との関係が悪化してまでも、
「ぼく」と北山の関係は優先しないといけないのでしょうか。
それはなぜでしょうか。

・人間関係を絞らずに考えると、
発問は次々と出てきます。
発問を考えるコツは、既成概念を捨てることです。

・話を戻します。
この教材では、
「ぼく」の北山を思う心を考えることが中心ですが、
必ずしもそれを言葉にしてまとめにする必要はありません。

・なぜなら、それをつきつめると、
「友達が困っていたら助ける」
「友達の悪口は言わない」という
45分の授業を受けなくても
子どもはすでに知っている結論になるからです。

・「知っているけどできない」ということが
本音なのですから、
「ぼく」の思いを探っても
建前でしか授業は進みません。

・子どもが自分ごととして考えるためには、
ちょっと違った流れで授業を展開する必要があるでしょう。
その方法の1つが、先ほどお伝えした
人間関係を限定せずに考えることです。

・大切なことは、
「ぼく」と北山だけで
このクラスは構成されているわけではないから、
☆「ぼく」とクラスの友達
☆北山とクラスの友達
にも目を向けて、
総合的に「友情」について考えることです。

・それが、指導要領の目標にもある
「学び合って友情を深め」「人間関係を築いていくこと」
につながります。

3 導入

・前回の「ロレンゾの友達」のまとめを出してもよいでしょう。

・そうでなければ、
「友達ってなんでしょう。」と聞きます。
☆一緒にいる
☆困ったことを相談できる
☆助けてくれる
☆何かあったら言い合える
など、6年生ともなるといろいろな視点で言ってくるでしょう。

・その後、「上下関係があったら、友達と言えるだろうか」と聞きます。
「ぼく」と北山の関係をちょっとここで匂わせるのです。
わかりにくければ、
「ボールをとってくるのはいつも友達の○○、
と決まっていて、命令をする人と、
命令を聞く人が決まっているような関係のこと」と補足します。

・きっと、「それはおかしい」となるでしょう。
その理由を具体的に聞いておきます。

・それが、「ぼく」と北山の関係を考えるジャブになります。

4 発問

・「ぼく」は北山と友達に「なった」のだろうか、「なってあげている」のだろうか。
・「ぼく」の北山に対する思いと、北山の「ぼく」に対する思いは、同じだろうか、ちがうだろうか。
・「ぼく」と北山の関係は、最初と最後で同じだろうか、変わっているだろうか。
また、それはなぜだろうか。

・「ぼく」は北山と仲良くなれば、他の人とは仲良くしなくていいのだろうか。
・北山と田村の関係は、悪くならないのか。
・文句を言っていたのに、急に文句を注意する「ぼく」は、自分勝手ではないか。

・このあと、「ぼく」と北山は今までの関係になれるだろうか。
・もし北山が野球が得意で褒められたら、「ぼく」は同じように注意しただろうか。
・もし北山が「ぼく」と同じでサッカーが得意だったら、2人は仲良くなれただろうか。

・「ぼく」は北山が気に入らないのだから、悪口を言っていた人と一緒に悪口を言えばいいのではないか。
・「ぼく」は、目立たない北山と仲良くすることでもっと人気をあげようとしていたのではないか。
・本当に北山の生けた花は、きれいだったのか。おせじではないのか。

かなりヘリクツ気味です。
しかし、これぐらい変化球の発問でないと、
当たり前思考から抜け出せないのです。

5 まとめ

①楽しいことも悲しいことも、
衝突も、その他さまざまなことを乗り越えて
友情が深まっていく。

②自分の心を正直に話すことが大切

・というまとめでもいいですが、
きっと議論の中で子どもたちは
この2つをもっとよい表現で言ったり、
もっとちがう視点でまとめてくることでしょう。

・その子どもの発する言葉を大切にして、
授業を積み上げていきたいですね!

はい、ということで今日は
『6年「コスモスの花」【友情、信頼】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!