1年

1年「オリンピック・パラリンピック」【国際理解】の指導案はこうする!

国際理解、国際親善

こんにちは。
今日は『1年「オリンピック・パラリンピック」【国際理解】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

国際理解!
今年はこの項目がとても盛り上がると思っていました。
・・・・が、東京オリンピックは延期が決定。

今年はオリンピックの開催はありませんが、
オリンピックについて考える機会が増えるのは
同じことです。

今回解説する教材も
東京オリンピックが題材です。

国際理解のために大切な心はなんでしょうか。
1年生には難しい題材なのでしょうか?

今日は国際理解について考えていきましょう!

では、解説です!

順番に解説します。

もくじ
  1. 1 教材について
  2. 2 内容項目と教材
  3. 3 導入
  4. 4 発問
  5. 5 まとめ

1 教材について

C 主として集団や社会との関わりに関すること
「国際理解、国際親善」
1・2年の目標・・・・他国の人々や文化に親しむこと

1年生「オリンピック・パラリンピック」(日本文教出版)

「オリンピック・パラリンピック」あらすじ

オリンピックは4年に1度開かれる。
開会式では
いろいろな服、いろいろな旗、
いろいろな国の人が堂々と行進している。

オリンピック・パラリンピックが日本でも開かれる。
世界中の人が日本に集まる。
とても楽しみだな。

2 内容項目と教材

・「わたし」視点でオリンピック・パラリンピックについて
書かれています。

・具体的な例は写真以外ほとんど情報がありません。
1年生ですから、専門的なことを書いても
理解が追いつかないでしょうから、
無理もないでしょう。

・目標を見てみると、
「他国の人々や文化に親しむこと」
とあります。

・「親しむ」とはどういう意味でしょうか。
辞書で調べてみると、

親密に接する。親しくする。  いつも接してなじむ。

とあります。

・親密に接するためには、
相手のことに興味をもつことが大前提です。

・仲の良い友達との関係は
「親密」と呼べますね。

・では、その友達との関係づくりは
どんな気持ちからスタートしたのでしょうか。

・きっと相手に興味をもったからでしょう。
ということは、目標にある
「他国の人々や文化に親しむ」前に、
「他国の人々や文化に興味をもつ」ことが
前提に隠れているのです。

・そして、オリンピック・パラリンピックは
他国に興味をもつ、これ以上ない機会です。

・世界のほとんどの国から、
スポーツの祭典に参加するために
日本にやってくるのです。

・異文化を感じるチャンスは山ほどあります。

・メイン会場は東京です。
しかし東京にいなくても日本中が
オリンピック・パラリンピックムードに染まります。

・テレビ中継を始め、チラシ・広告、
身近な人との会話など。

・日本人選手の活躍を中心に、
海外選手の話題も切っては切り離せないものです。

・オリンピック・パラリンピックは
多くのスポーツを通して、
海外に興味をもてる良い機会なのです。

・教材で「わたし」は、「楽しみだな。」と言っています。
なにが楽しみなのでしょうか?

・ここの部分を考える活動は、いいですね!
「わたし」の視点を通して、自分を語ることにつながるからです。

・「わたし」の楽しみはなにか、考えてみます。
☆日本人選手が活躍するのが楽しみ。
☆好きなスポーツが見れるのが楽しみ。
☆海外の選手が活躍するのが楽しみ。
☆日本に世界中の人が来るのが楽しみ。
☆素晴らしいパフォーマンスで感動するのが楽しみ。
☆開会式の演出が楽しみ。
☆みんなが笑顔で日本にいるのを見るのが楽しみ。
☆いろんな国を知れることが楽しみ。
☆実際に見に行くことが楽しみ。
☆知っている人が出場するのが楽しみ。

・「楽しみ」の観点は無限大です。
子どもはきっと、多くの視点から語るでしょう。

・「楽しみ」ばかり聞いてもいいの?
と思うでしょうが、いいんです。

・オリンピック・パラリンピックについての
「楽しみ」を語る姿がまさしく、
「他国の人々や文化に親しんでいる」姿だからです。

・あまり難しい内容については深入りせず、
オリンピックについて知っていることを出し合ったり、
楽しみなことを語ったりする雰囲気を作りましょう!

・2021年に延期になったことも、
子どもから出てきたら触れてもよい話題ですね。

3 導入

・「オリンピック・パラリンピックについて
知っていることはありますか?」と聞きます。

・この時点では、どんな観点で意見が出ても大丈夫です。
☆延期になった。
☆見に行く予定だった。
☆来年のチケットを取りたい。
☆○○の競技が楽しみ。
などなど、受け止めます。

4 発問

・「わたし」はオリンピック・パラリンピックの
どんなことが楽しみなのだろう。

・世界の人が集まると、なぜすごいのだろう。
・オリンピック・パラリンピックに出る人は、
どんなことを思っているんだろう。
・応援する人は、どんなことを思っているんだろう。

5 まとめ

「他の国に興味をもつ」そして
 「他の国を知る」ことが大切。

・このことが子どもの言葉で表現できるといいですね!

はい、ということで今日は
『1年「オリンピック・パラリンピック」【国際理解】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!