1年

1年「どんなあいさつをしますか」【礼儀】の指導案はこうする!

礼儀

こんにちは。
今日は『1年「どんなあいさつをしますか」【礼儀】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

今日は道徳の「礼儀」です。
低学年の教材を取り上げます。
日本には、「道」とつくものが多くあります。

柔道、剣道、華道、茶道、合気道など。

これらは、型を重んじています。
型から入り、型に心を込める。
心や本質を知ってから始めるのではないのです。

礼儀も同じです。
心を込めても、動作に表れないと相手には伝わりません。
まずは型(動作)から入り、心がその後で込められていくのです。

ここを押えた上で、授業をしてくださいね。

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

B 主として人との関わりに関すること
「礼儀」
1・2年の目標・・・・気持ちのよい挨拶、言葉遣い、動作などに心掛けて、明るく接すること。

1年生「どんなあいさつをしますか」(日本文教出版)

あらすじ

3枚の挿絵で構成されている。

①同じクラスの友達に会ったとき。
②お姉さんとお姉さんの友達に会ったとき。
③お隣のおばさんが荷物をいっぱい抱えていて、「あら、こんにちは。」と言われた時に会ったとき。

2 内容項目と教材

子どもたちにとって、とても身近に考えやすい教材です。
その分、これまでの経験をもとにした考えが出るため、意見のちがいが出てきやすいでしょう。

実体験をもとに考えることが大切ですが、とは言っても低学年は想像することに限界があるので、そのために有効な手段が「動作化」です。

実際に、子どもが「ぼく」の立場になって、教師がクラスの子やお姉さんとなって動作化をします。

どんな言い方のちがいがあるのか、考えてみたいですね。

もしくは、動作化の際にセリフを全て「こんにちは。」で固定して、役割だけを変えるという方法もアリです。
「みんなに同じようにあいさつをしたら、感じ方はどうちがうんだろう。」という前提で考えることができるからです。

結論を言います。

礼儀は、時、場所、相手、自分と相手の気持ち、状況によって異なります。

だから、3枚の場面であいさつや言うことが違って当然なのです。

そして、状況に合わせたあいさつは、相手を気遣うこととも同じです。

・友達と楽しく会話をする。
・知人と一緒にいる人と会ったら、相手の時間を邪魔せず、短く会話をする。
・相手のことを気にしていることを伝える。

これらは全て、相手のことを気遣っている発言です。

低学年は特に「あいさつ」に絞って話を進めていいですが、それに付け加えるあいさつの後の会話も、「あいさつ」に含まれます。

つまり、世間話も広い意味では「あいさつ」なのです。

いつでも、どこでも、だれにでも元気よくあいさつをすることは大切ですが、それに加えて状況から判断して、適切なあいさつをすることが必要なのです。

3 導入

T:教師 C:子ども

T:「こんにちは」ってどんな時に言いますか?
C:人に会った時。

T:では、道を歩いていてクラスの友達に会ったら「こんにちは」と言いますか?
C:うーん、言わないかもしれない。
C:「やあ!」とか「おーい」で済むかも。

T:では、道で校長先生に会ったら「こんにちは」と言いますか?
C:言う!
C:「こんにちは」は必ず言うと思います。

T:人によってあいさつをする時としない時があるんですね。その違いってなんだろう?
C:うーん・・・

T:今日は、あいさつはどんな時に変わるのか、考えていきましょう。

4 発問

・みんなに、「こんにちは。」でいいだろうか。
・友達に話すように「やあ」と、お姉さんやおばさんに言ったら、ダメなのだろうか。
・おばさんの荷物のことは、気にした方がいいのだろうか。

・お姉さん1人の時と、お姉さんが友達といる時とで、あいさつはちがうだろうか。
・「久しぶりに会った親戚のおじさん」は、だれの時と同じあいさつだろうか。
・校長先生と家の近くで会った時は、どんなあいさつをすればいいだろうか。

・あいさつをしなかったら、どう思われるだろうか。
・「こんにちは。」以外にどんなことを言ったらうれしい気持ちになるのかな?

5 まとめ

礼儀は、時、場所、相手、自分と相手の気持ち、状況によって異なる。
だから、その場で判断して行動することが大切。

この内容はちょっと難しいので、このエキスを含んだ言葉を使って、子どもの言葉でまとめられるといいですね。

はい、ということで今日は
『1年「どんなあいさつをしますか」【礼儀】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!

また明日もお楽しみに。