1年

1年「やめろよ」【善悪の判断】の指導案はこうする!

善悪の判断、自律、自由と責任

こんにちは。
今日は『1年「やめろよ」【善悪の判断】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

今日の内容項目は、
「善悪の判断、自律、自由と責任」です。

比較的、分かりやすくて授業をしやすい項目ですよね。

いいことと悪いことの区別を
「教える」という意識が先行してしまいますが、
区別するべきことを「教える」のではなく、
自分はいいと思うか悪いと思うか
「考えて答えを出す」ことを大切にします。

強いて教えるとすれば、
自分の判断基準(ものさし)をもつことの大切さです。
まずは、この意識をもって、授業に臨んでくださいね!では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

A 主として自分自身に関すること
「善悪の判断、自律、自由と責任」
1・2年の目標・・・・よいことと悪いことの区別をし、よいと思うことを進んで行うこと。

1年生「やめろよ」(日本文教出版)

あらすじ
きつねのこんきちは、いつもいじわるをしています。
学校の帰り道、こんきちはうさぎのぴょんこの耳を引っ張って面白がっていました。

そこにたぬきのぽんたが通りがかりました。
こんきちはぽんたをにらみました。

ぽんたは通り過ぎようとしましたが、ぴょんこが泣き出したので、
ぽんたはこわかったけれど大きな声で言いました。

「いじわるはやめろよ!」
みんなも言いました。

2 内容項目と教材

短くて、分かりやすい構造の教材なので、理解しやすいでしょう。

大切なことは、ぽんたはいい子、こんきちは悪い子という前提で話を進めないことです。

ぽんたは、たしかににらまれてこわい思いをしながらも、
自分で考えて判断して、「やめろよ。」と言ったので立派に見えます。
でも、迷わずに気付いたらすぐに言うこともできたのではないでしょうか?

迷った分、ぽんたのことをスッキリと「いい子」とは言えないのではないでしょうか?

また、こんきちは、こんきちなりの理由があっていじわるをしているのかもしれません。
こんきちの行動だけを見て、「悪い子だ」と判断していいのでしょうか。
たしかに、いじわるな行為は正しいことではありません。

でも、ひょっとすると今日はぴょんこが、こんきちに嫌なことを言って、
その仕返しをしている瞬間だったかかもしれません。

正しいかどうかは別にして、事情があったかもしれないのです。

ですから、こんきちのよいところ、ぽんたのよくないところにも
目を向けられるような発問も入れると、
授業にアクセントが効いて、
子どもの思考が活性化するいい授業になりそうですね!

心の中の対比で、「天使と悪魔」の対話がよく使われます。

今回も、それを使いましょう。

ぽんたの心の中の天使と悪魔を板書し、視覚的に比較しながら考えられるようにしましょう。

では考えてみます。

ぽんたの心の中

【天使】
・いじわるはだめだから、すぐに助けないと。
・こんきちははまたいじわるをしているから、今日こそ止めないと!

【悪魔】
・自分もいじわるをされるかもしれない。
・注意してもこんきちは聞かないかもしれないよ。

このように、比較して考えることで、それぞれの天使と悪魔の心が見えてきます。

 

また、こんきちのよいところ、ぽんたのよくないところを考えてみましょう。

そもそも、こんきちは友達と関わりたい気持ちがあるから、いじわるをしているわけです。
行為は正しくないですが、「友達と関わりたい」という気持ちは、
間違っているとは言えないのではないでしょうか。

こんきちは、友達と積極的に関わりたい気持ちのある子、とも言えます。

じゃあ、こんきちはいい子なのでしょうか?

いじわるはしているけど、関わりたい気持ちはある。
この矛盾で、子どもは「うーん」と考えるのです。

こうやって「こんきちっていい子なの?」と矛盾をつきつけることで、
『いい子』『悪い子』と人間を一概には決められないことに気付きます。

そこから、心の一部分や行動で考えようとします。

ここが、道徳の授業の始まりです。

『こんきちは悪い子』と思っていましたが、
実はこんきちにもいいところはある。
じゃあ、こんきちは悪い子ではなさそうだ。
こんきちのどんな心が、よくないのだろう?

と心の奥まで考えるようになります。

こうなると、道徳の議論が活発になってきそうですね。

また、「ぽんたの悪いところ」はどこでしょうか?

すぐに注意できなかったところ?
こんきちをこわがっているところ?

これはぜひ、子どもと考えてみたいですね!

ぽんたとこんきち、それぞれの心を比較して考えるようにしましょう!

3 導入

T:教師 C:子ども

T:「いじわるをすること」っていいことですか?
C:だめなこと!

T:じゃあ友達がいじわるをしているときって、どんな気持ちなんだろう。
C:困らせてやろう!
C:泣いてもいいや。

T:なるほど。今日は、「いじわるをしている人」の気持ちについて考えていきましょう。

4 発問

・こんきちは悪い子なのだろうか。
・ぽんたはいい子だろうか。
・ぽんたとこんきち、同じ心はなんだろう。

・ぽんたとこんきち、ちがう心はなんだろう。
・こんきちはなぜ、ぽんたの一言で意地悪をやめたのだろう。
・ぴょんこは、ぽんたが「やめろよ」と言った時、どんな気持ちだったのだろう。

・こんきちは、ぴょんこと関わろうとしているのだから、いい子ではないか。
・ぽんたは、一度通りすぎようとしているから、いい子ではないのではないか。
・ぽんたとこんきち、どちらと友達になりたいだろうか。

5 まとめ

心の中には天使と悪魔がいる。
天使の言うことを聞くと、危ない目に合わない。

しっかり議論したら、このぐらいのまとめで十分です!

はい、ということで今日は
『1年「やめろよ」【善悪の判断】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!
また明日もお楽しみに。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このブログでは、道徳の教材解説をしています。
ほとんどの教材を解説しているので、 日々の授業や研究授業のときに使ってください。

トップページの検索で「教材名」を入れるだけで、その記事にジャンプできます。

例 : はしの上のおおかみ

「この記事の解説がない!」という場合は、お知らせください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□