3年

3年「漢字に思いをこめて」【家族愛】の指導案はこうする!

家族愛、家庭生活の充実
man in white crew neck t-shirt sitting beside woman in white crew neck t-shirt

こんにちは。
今日は『3年「漢字に思いをこめて」【家族愛】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

今日解説する教材は、
かなり変化球の教材です。

しかし、どんな教材でも発問と展開で
道徳の授業にできます。

どうやって考えればいいのか。

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

C 主として集団や社会との関わりに関すること
「家族愛、家庭生活の充実」
3・4年の目標・・・・
父母、祖父母を敬愛し、家族みんなで協力し合って楽しい家庭をつくること。

3年生「漢字に思いをこめて」(光村図書)

あらすじ
「家族への思いを漢字1字にこめて書こう」という活動。
『待』『遊』『陽』『星』の例があり、自分の名前や家族とのエピソードが書かれている。
man and woman sitting at table with foods

2 内容項目と教材

①活動の根本を考える

国語の教科書のイメージがある光村ならではの教材ですね。
家族に関する漢字を選んで、それについて思いを書く。

言語活動が基盤となっているので、国語の活動と言っても過言ではありません。
しかし、活動は国語的ですがそれに向かう心は、立派な道徳の授業です。

「家族」とテーマが絞られているので、家族について思いを馳せることになります。

しかも、対象を決めて漢字1字で表現する。
このひな形で、ある意味で「強制的に」家族について考える思考を作り出しているのです。

教科書の例をもとに、がっつり教科書の活動をやりましょう。
その過程で、子どもは家族に対する思いを深めるのです。

②条件を加えてもいい

「自分の名前の漢字以外」や「3分で漢字だけを決める」など、
条件を加えても面白いですね。

条件があることで、思考の幅が狭くなるように思いますが、
実際はそうではなく思考しやすくなります。

これは心理学の〆切効果を応用したものです。
〆切などある一定の制約を設けて、限られた条件の中で結論を出すという方法です。

提出〆切直前にがんばる。
試験の前に一夜漬けをする。
などがこれにあたります。

教科書にない条件を追加することで、授業に独自性が生まれます。
道徳に限らず、1時間の授業で1つは、自分なりのアレンジを加えられるといいですね。
教科書をいつもより速く読む、などの小さいアレンジで構いません。

family photo on green grass during golden hour

③漢字と思いを共有する

もちろん、漢字と思いを共有することが大切です。
この活動で、友達の思いを知り、自分の家族についての思いを振り返り、
さらに深めることができます。

グループで読み合ってもいいし、発表しあってもいいでしょう。

3 導入

T:教師 C:子ども

T:「家族」ってだれのことを言いますか?
C:お父さん。
C:お母さん。
C:(略)

T:じゃあ「家族」ってなんですか?
C:同じ家に住む人。
C:なにかをしてくれる人たち。

T:なるほど。今日は、家族について考えていきましょう。

4 発問

今回は「漢字を考える活動」がメインなので、特に発問はありません。

group of people standing on green grass field during daytime

5 まとめ

今回の授業は無理にまとめをする必要はありません。
子どもの発表の中で共通するものがあれば、書き出しておきましょう。

例えば、家族がみんなで協力して楽しい家庭を作るために大切な心についてまとめるとしたら、

 みんなのことを思いやる
 自分のことを優先しない
 笑顔でいる
 優しく声をかける

などですね。

はい、ということで今日は
『3年「漢字に思いをこめて」【家族愛】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!

また明日もお楽しみに。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このブログでは、道徳の教材解説をしています。 ほとんどの教材を解説しているので、 日々の授業や研究授業のときに使ってください。

トップページの検索で「教材名」を入れるだけで、その記事にジャンプできます。

例 : はしの上のおおかみ

「この記事の解説がない!」という場合は、お知らせください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□