3年

3年「なんにも仙人」【勤労、公共の精神】の指導案はこうする!

勤労、公共の精神
seal lying on shore

こんにちは。
今日は『3年「なんにも仙人」【勤労、公共の精神】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

勤労、つまり働くことの意義を考えます。
働くというと、
給与が発生する仕事を思い浮かべますが、
それだけではありません。

子どもにとっても「働く」ことは
身近な物です。
例えば係の仕事、給食当番、委員会などです。

また、働いたらお金をもらう労働もありますが、
ここではもっと広く、ボランティアなどの
無償の労働も含みます。

そう考えると、働くって広い意味がありますね。

働くことはどんな意味があるのでしょう。
本当の仕事とは、いったいなんでしょう。

今日は仕事について考えていきましょう!

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

C 主として集団や社会との関わりに関すること
「勤労、公共の精神」
3・4年の目標・・・・
働くことの大切さを知り、進んでみんなのために働くこと

3年生「なんにも仙人」(日本文教出版)

あらすじ
仕事をせず、遊んでばかりのなまけものの太助(たすけ)が道で、壺から出てきた「なんにも仙人」に出会った。
なまけものな性格を気に入られ、仙人は太助の家に住み着いた。
不思議なことに、太助が遊んで帰ると仙人は次第に大きくなっていった。
ついに家からはみ出すほどの大きさになってしまった。

太助は近所のおじさんに進められ、畑仕事をはじめました。仕事はつらいけれど、今まで遊んでばかりいたので、かえって「面白い」と思いました。
すると仙人の体は小さくなっていました。
太助が仕事を面白がって働けば働くほど、仙人はどんどん小さくなりました。
ある日家に帰ると、仙人はいなくなっており、壺の中に真っ白なお米がぎっしり入っていました。
brown tabby cat lying on floor

2 内容項目と教材

内容項目を読み取る

改めて目標を確認します。
『働くことの大切さを知り、進んでみんなのために働くこと』とあります。

「進んでみんなのために」ですね。
積極的に係活動などに取り組むことは、
「進んでみんなのために」です。

では、先生にほめられたいから、
係活動に積極的に取り組むことは、
本当に働いていると言えるのでしょうか?

自分がすごいところを自慢したいから、
係活動に積極的に取り組むことは、
本当に働いていると言えるのでしょうか?

もちろん、仕事に対する動機は人それぞれですから
これらが否定されるものではありません。
でも、もっと大切にするべき仕事の意義がありそうです。

それが、目標の前段、
「働くことの大切さを知り」なのです。

自分のしたこと(仕事)が、だれに、どのように、役に立っているのか。
仕事をすることは、自分にとってどんないいことがあるのか。
これらの意味を、この教材を通して考えることが、
授業の核になります。

太助にとって仕事とは

太助にとって、仕事はこれまで経験したことがなく、
やってみると面白いと感じました。

なぜ、太助は「面白い」と感じたのでしょうか。
ここが、1つ大きな考えるポイントとなります。

仕事は、

・人の役に立つ貢献的意義
・社会に役立つものを生産する生産的意義
・自分の能力が向上する自己成長的意義

などの意義があります。

太助は仕事をして、このどれに当てはまったのでしょうか。
それを子どもたちと考えてみたいですね。

なんにも仙人は何を象徴しているのか

「なんにも仙人」は、太助がなまければなまけるほど体が大きくなっていきました。
これは、何を表しているのでしょうか。

太助がなまけると、大きくなるものとはなんでしょうか。

なぞなぞみたいですが、子どもたちと考えてみたいですね。

・太助の仕事をしたくないという心?
・太助のなまける心?
・太助の遊びたい心?

なんにも仙人は、太助のなにかの心を象徴しています。
答えは1つではありませんが、子どもたちの中で納得解を出したいですね。

また、なんにも仙人が大きくなったら、本当に困るのでしょうか?
なんにも仙人が大きくなって、いいことはないのでしょうか?

言い換えると、太助の◯◯な心が大きくなったら、全くうれしくないのでしょうか。

子どもたちと考えてみたいですね。

3 導入

T:教師 C:子ども

T:仕事ってどんなものがありますか?
C:消防士!
C:警察!

T:仕事をするとどんないいことがありますか?
C:◯◯!
C:◯◯!
※どんな意見も受け止めてストックしておきましょう。

T:今日は、仕事をするとどんないいことがあるか、みんなで考えていきましょう。

4 発問

・なぜ、太助は仕事を「面白い」と感じたのだろう。
・「なんにも仙人」が大きくなったら、本当に困るのだろうか。
・太助が働いて悲しんでいる人、喜んでいる人はそれぞれだれだろう。

・太助は大きくなる「なんにも仙人」を見て、どう思ったのだろうか。
・「なんにも仙人」はどんな人の家に来るのだろう。
・もう太助のところに「なんにも仙人」はこないのだろうか。

5 まとめ

目の前の事に対して一生懸命働くと、
人の役に立てるだけではなく、自己成長できる。

これが、仕事の醍醐味です。

このようなポイントを押さえたまとめができるといいですね!

はい、ということで今日は
『3年「なんにも仙人」【勤労、公共の精神】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!

また明日もお楽しみに。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このブログでは、道徳の教材解説をしています。 ほとんどの教材を解説しているので、 日々の授業や研究授業のときに使ってください。

トップページの検索で「教材名」を入れるだけで、その記事にジャンプできます。

例 : はしの上のおおかみ

「この記事の解説がない!」という場合は、お知らせください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□