4年

4年「せきが空いているのに」【親切、思いやり】の指導案はこうする!

道徳の親切、思いやり

こんにちは。
今日は『4年「せきが空いているのに」【親切、思いやり】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

「親切にしましょう」って子どもの頃から
よく言われましたよね。
困っている人を助けるとか
力を貸してあげるとか
その対象はお年寄りだったり子どもだったり
身近な人だったりと、いろいろです。

親切にすると、相手は当然喜びますよね。
じゃあ相手が喜んで、
自分は苦しい、もしくは悲しい気持ちになる行動は
親切と呼べるのでしょうか。

親切にしたら、
自分はどんな気持ちになるのでしょうか。

親切という当たり前にわかっていることを
改めて聞かれると、「あれ?」となりますよね。

さらに、親切と一口に言っても
いろんな親切があるのだろうか?
と考えたくなります。

これが、道徳の面白さです。
そして、これが多角的な考え方です。

今日は、親切について教材を使って考えてみましょう!

では、解説です!

順番に解説します。

もくじ
  1. 1 教材について
  2. 2 内容項目と教材
  3. 3 導入
  4. 4 発問
  5. 5 まとめ

1 教材について

4年生「せきが空いているのに」(光文書院)

B 主として人との関わりに関すること
「親切、思いやり」
3・4年の目標・・・・相手のことを思いやり、進んで親切にすること

「せきが空いているのに」あらすじ

ぼくは、お父さんと電車に乗っています。
割と空いている車内に
白い杖を持ったおじさんが入ってきた。
目が見えないようだ。
そのおじさんは、手すりをにぎりながら立っている。
ぼくはおじさんが気になりお父さんに、
「席が空いているんだから、だれか座らせてあげたらいいのに」
と言い、お父さんがそのおじさんに近づいて何か話をします。
どうやら、おじさんは降りやすいようにドアの近くがいいと
言っていたそうだ。
おじさんをその後見たら、うれしそうな顔をしていたので、
なんだかぼくもうれしくなった。

2 内容項目と教材

・もう一度、目標を確認してみましょう。
「相手のことを思いやり、進んで親切にすること」とあります。
『進んで』とありますね。
この部分がポイントになります。

・人は相手の気持ちを考えることができます。
相手の気持ちを考えて、自分の感情と共通する部分が見つかったり、
悲しみの気持ちや同情の気持ちが芽生えたとき、
何かをしてあげたくなります。

・それが、「進んで」の部分なのです。
相手が求めていないのに、進んでやることは親切ではありません。
相手の気持ちを考えずに行う親切は、もはや「大きなお世話」です。

親切にもいろいろな形がある、という多角的な見方を
ここでは大切にしましょう。
そして、本当の親切とは何か、
まとめの段階で再定義をできると、
授業が締まります。

・「せきが空いているのに」では、
ぼくとお父さんの親切な心は、
おじさんが席に座るという結果として
達成されませんでした。
では、
ぼくとお父さんは親切ではないのでしょうか?

・こう聞かれると、ちがう気がします。
結局なにもできていませんが、
全くなにもしていないかというと、ちがいます。
おじさんに声をかけているのですから。

・そうすると、「~してあげる」という行為は
親切に必ず必要なことではないことがわかります。
本当の親切とは、なんなのでしょう?

・ここを考えることが、道徳の面白さですね!

3 導入

・「親切ってどういうこと?」と聞きます。
きっと、
○~してくれること
○~してあげること
と、行為を中心にした発言が多いことでしょう。

・親切=なにかをする、という行為でとらえることは
当たり前だからです。

・その後、「なにもしない親切ってあるのかな?」と
問い、子どもの「うーん」を意図的に作ります。

・「本当の親切を、みんなで考えていきましょう。」と言って、
教材に入ると、バッチリですね。

4 発問

あくまでも例です。
参考にしてください。

・この話で、親切な人はだれだろう。
・「ぼく」が声をかければよかったのではないだろうか。
・お父さんがしたことは、むだだったのだろうか。
・なぜ、おじさんはうれしそうだったのだろうか。
・おじさんは、立っていたいので、余計なことを言われて、怒っているのではないか。
・断られても、無理矢理にでも座らせてあげたほうがよかったのではないか。
・「ぼく」はなぜうれしかったのだろう。
・「ぼく」もお父さんも、結局おじさんが座っていないのだから親切とは言えないのではないだろうか。
・親切とは、どこから始まるのだろう?
(心配しはじめたとき? 声をかけたとき? 行動したとき?)

5 まとめ

・親切は「進んで」するものですが、
やりすぎると「小さな親切、大きなお世話」になってしまいます。

・大切なことは、
「相手の状況や様子、時と場所を考えること」が大前提にある
ということです。

・一方的な親切は押しつけです。
相手のことを思うだけでも、思いやりです。
となると、「なにもしない親切」も存在するということです。

「相手の状況や様子、時と場所を考えること」
このことが子どもの発する言葉から抜き出して
表現できるといいですね!

はい、ということで今日は
『4年「せきが空いているのに」【親切、思いやり】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!