3年

3年「ヤゴきゅうしゅつ大作戦」【自然愛護】の指導案はこうする!

道徳の自然愛護

こんにちは。
今日は『3年「ヤゴきゅうしゅつ大作戦」【自然愛護】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

「自然愛護」は、Dの視点です。
Dは、感動や生命の尊さ、そして自然愛護など、
崇高なものとの関わりです。
結論から言うと、
言葉にすると安っぽくなるため、
まとめは無理に言葉にしなくてよい。
これをまず、覚えておいてください。

「命は大事」
これは、子どもは授業を受けなくても知っていることです。
「感動することは素晴らしい」
これも、知っています。
「自然は大切」
これも、わざわざ道徳で扱ってもらわなくても
知っていることです。

これらのことを、45分かけて確認しても、
面白い授業になるとは思えません。

知っていることの確認ではなく、
なぜ大切なのか、なぜ素晴らしいのかという
理由を議論することで、本質に迫る視点であることを
押えておきましょう。

それでは、教材を使って詳しく解説します。

では、解説です!

順番に解説します。

もくじ
  1. 1 教材について
  2. 2 内容項目と教材
  3. 3 導入
  4. 4 発問
  5. 5 まとめ

1 教材について

3年生「ヤゴきゅうしゅつ大作戦」(光村図書)

D 主として生命や自然、崇高なものとの関わりに関すること
「自然愛護」
3・4年生の目標・・・・自然のすばらしさや不思議さを感じ取り、自然や動植物を大切にすること。

「ヤゴきゅうしゅつ大作戦」あらすじ

トンボの幼虫、ヤゴ。
池などに住んでいましたが、
昔に比べて住む場所が少なくなってきました。

しかし、ヤゴはオフシーズンのプールでたくましく生きています。
夏にプールを使うとき、水を全部抜いてしまうので、
ヤゴは死んでしまいます。
プールからヤゴを助け出す「ヤゴきゅうしゅつ大作戦」が始まります。
みんなでプールに入り、網ですくって・・・
結果、1400ひきものヤゴを救出することができました。

2 内容項目と教材

・「自然愛護」は、人と自然の関係をまずは考えなければなりません。
自然と人は、対等な関係なのでしょうか。
それとも、人が上? 自然が上?
考えてみたいですね。

・「自然保護」という言葉があります。
保護とは守ることです。
ということは、人が自然を守るから、人の方が立場が上なのでしょうか?

・結論を言うと、自然と人は、どちらが上ということはなく、
さらに分けるものでものでもなく、自然と人は共存するもなのです。
自然の中に人がいて、自然と一体となっているのです。

・授業をする際は、授業者は、人と自然と分けて理解するのではなく、
共存している、さらに自然の中に人がいる。
人は自然の中に生きている存在である、
ということを押えておく必要があります。

・そもそも、トンボの生態系が崩れたのは、
人間の産業が発達したことが原因です。
池を埋め立てて土地を開発し続け、
川を造成し河川敷がなくなり・・・・
ついには、プールという人工物に頼るしか
方法がなくなってしまっています。

・トンボの目線で考えると、
人間のことをどう思っているのか、
考えてみたいですね。

・もう大丈夫だと思いますが、
「プールにヤゴがいるから大切にしよう」という
まとめでは、理科ですし、学びは薄いです。
この教材から抽象的な概念を取り出し、
身近なことにつながる学びを、
まとめとしなければなりません。

・1学期最後の教材です。
そして、前回の「生きている仲間」から続く
小単元のまとめです。
夏休みの学習などにもつながるので、
オープンエンドに終われるといいですね!

3 導入

・前回の「生きている仲間」のまとめを覚えていますか?
『命は人間だけでなく、動物にも植物にもあり、全てが大切』
でした。

・このようなまとめになっているのであれば、
その文言を使いましょう。

・「前の授業では、どんなまとめになりましたか?」と聞き、
子どもからまとめを引きだします。
そして、その上で、
「今日は、特に昆虫のヤゴについて考えます。
自然にある命を守るために、大切な心とは何か考えましょう。」
と言い、命から自然愛護へとつなげる導入としましょう。

4 発問

・なぜヤゴをきゅうしゅつしなければならないのだろう。
・ヤゴがいても、魚やおたまじゃくしが減るだけだから、ヤゴはいないほうが良いのではないか。
・プールにいるヤゴを救出してもちょっとしか救えないのだから、しても意味がないのではないか。
・トンボは、人間になんと言ってるだろう。
・自然は、人間の力を借りなくても勝手に成長するから放っておいてもいいのではないか。
・トンボが増えると、どんないいことがあるのだろう。
・トンボの命とつながっているのは、どんな命だろう。

5 まとめ

人と自然は共存をする
このことが子どもの心に納得して落ちればOKです。

・無理に言葉にする必要はありません。
強いて言葉にするとすれば、
「身近な自然は、大小にかかわらず大切」
というところでしょうか。

・そして、「夏休みはたくさんの自然の中の命を見つけるチャンスですね。」
と生活へ目が向くようにします。
ここからは、実態によって違いますが、
理科や夏休みの課題などで
自然を観察するものを出してもいいでしょう!

・もちろん、「道徳の宿題」として出すのも面白いですね!

はい、ということで今日は
『3年「ヤゴきゅうしゅつ大作戦」【自然愛護】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!