4年

4年「雨のバスていりゅう所で」【規則の尊重】の指導案はこうする!

規則の尊重

こんにちは。
今日は『4年「雨のバスていりゅう所で」【規則の尊重】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

今日解説する「雨のバスていりゅう所で」は
多くの実践がなされている、
『定番教材』と言えます。

定番教材は、昔から愛され
研究の核として使われてきました。

理由としては、
☆多くの視点が含まれていること
☆よく考えると深い意味が込められていること
☆過去の実践をもとに積み上げやすいこと
があげられます。

定番教材に立ち向かう時は勇気がいりますよね。
今日の記事を読んで、
勇気をもらってください!

では、解説です!

順番に解説します。

もくじ
  1. 1 教材について
  2. 2 内容項目と教材
  3. 3 導入
  4. 4 発問
  5. 5 まとめ

1 教材について

C 主として集団や社会との関わりに関すること
「規則の尊重」
3・4年の目標・・・・
約束や社会のきまりの意義を理解し、それらを守ること

4年生「雨のバスていりゅう所で」(光文書院)

「雨のバスていりゅう所で」あらすじ

よし子はお母さんと出かけた。
雨が降っており、バスの停留所では
バスを待つ人が少し離れた軒下で
雨宿りをしています。

バスが見えると、
よし子は軒下を抜けて停留所まで走って行きました。
バスに先頭で乗ろうとすると、
ぐいとお母さんが方を引っ張りました。
お母さんは恐い顔でした。

バスに乗る人の列の後ろに行き、
よし子は、傘をすぼめて乗る人たちを待ちきれません。

バスに乗ったら席がもう空いていません。
「ほら、ごらんなさい。」と思って
お母さんの顔を見ると
だまったまま、窓の外をじっと見つめていました。

2 内容項目と教材

・「雨のバスていりゅう所」は定番教材なので、
多くの実践がされています。

・その多くが、最後の場面である
「よし子が、だまったお母さんを見たとき」
に焦点を当て、中心発問として置いていました。

・もちろん、この実践が悪いという訳ではありませんが、
多くの実践がされている=正しい、という
方程式が合っているのか、
立ち止まって考える必要があります。

・わたしは、このような定番教材を考えるとき、
大切なのは先人の素晴らしい実践に
思考停止で乗っかることよりも、
授業者が納得感をもって
教材研究をすることが大切であると
思っています。

・最後の場面では、お母さんはだまったまま外を見ています。
このときの感情は、「怒り」「残念」といったマイナス感情が
大半を占めるでしょう。

・そんな気持ちを表情から察したよし子の気持ちは、
「しなければよかった」という後悔と、
「どうしてわたしのしたことはいけないのだろう」という反省、
この2つが大半ではないでしょうか。

・並ばずに順番を飛ばしたよし子の行動は×で、
そのことを、お母さんがだまった場面を通して
子どもに正しい行動を振り返ることを
設定している授業です。

・これは、授業前には知らなかったことでしょうか?
子どもは、順番を守ることが大切であることは知っているし、
よし子の行動はダメで、お母さんの心もなんとなく
察することができます。

・そんな知っていることを45分かけて確認をして、
道徳的な学びがあるかどうか、
考えてみたいですね。

・再度言いますが、わたしはこれまでの実践を
否定しているわけではありません。

・先人が残してくれた実践は、
教材・指導書に加えて、考える材料があるということなので、
より教材研究を深く行うことができるということです。

・わたしたち現役の教師は、その実践を
何も考えずに乗っかるのではなく、
こうやって立ち止まって「本当にそれでよいのか?」と
問いを投げかけることが、
先人への礼儀だと、わたしは思います。

・そうやって実践に新しい問いや、
新しい実践を積み重ねていくことで、
新しい教育が積み重なっていくのです。

・ということで、
わたしはお母さんの表情に注目するのではなく、
「多面的・多角的な視点」で
よし子、お母さん、他のお客さん、運転手さん
の4つの視点から「理想のバス内の雰囲気」について
考える方法を提案します。

・立場を変えると、見方が変わります。
見方を変えることで、今まで気付いていなかった
新しい考えに出会える可能性が高いです。

・よし子、お母さんと限定せず、
バスには多くの人が関わっているのですから、
そこを授業で利用しない手はないでしょう。
発問のパートで、立場別に発問を紹介します。

3 導入

・「きまりを守るとどんないいことがあるのでしょう?」
「だれがいい気持ちになるのでしょう。」
「きまりを守るために大切な心はなんでしょう。」

・これらの発問を導入でして、
終末でも同じように聞きます。

・最初と最後で同じ発問をすることで、
子どもは自身の学びを実感することができます。

4 発問

・前述しましたが、授業者の納得感のある発問を選びましょう!

【よし子】
・そもそも、並ぶルールを知っていたのでしょうか?
順番に並ぶことを知っていたのか、知らなかったのか、
ここで今後の流れも大きく変わりそうです。

・なぜ、よし子はバスに早く乗りたかったのでしょうか。
雨で自分が不快だったからでしょうか。
自分だけでも早く乗って、
お母さんの席を確保してあげたいという
家族愛の心はなかったのでしょうか?

・そもそも、お母さんが気にしすぎなだけで、
よし子のように周りの人も子どものやることなので
あまり気にしていないのではないでしょうか。

・そう考えると、よし子はいい子でしょうか?
悪い子でしょうか?
・よし子のしたことはいいことでしょうか?
悪いことでしょうか?

・雨が降っていなければ、よし子はこんな行動はしなかったのでしょうか。

・最初と最後のよし子は、同じだろうか。

【お母さん】
・よし子の肩をぐいと引っ張ったのは、
よし子に正しいルールを教えたかったからでしょうか。
それとも我が子の行動が恥ずかしかったからでしょうか。
それとも、その両方でしょうか?

・お母さんは肩を引っ張って止めず、
バスの中でよし子に話をしてもよかったのではないでしょうか。

・だまって何も言わないのと、よし子を叱るのとでは、
どちらがよし子は自分のしたことを振り返ることが
できるでしょうか。

・お母さんはこの後、よし子になんと言うでしょうか。
・実は、お母さんは怒っていないのではないでしょうか?

・雨が降っていなければ、お母さんはもっと違う方法を
とったでしょうか。

・最初のお母さんと最後のお母さんは、どう違うだろうか。

【停留所に並んでいた人】
・よし子とお母さんのやりとりを見て、どう思っただろうか。
・よし子は子どもなので、並ばなくても
許してあげようと思うのではないか。

・順番を守らない人がいたら、何が困るのだろう。
・雨が降っていなかったら、こんな問題は起きなかっただろうか。

・お母さんのしたことに満足しているのだろうか。

【運転手さん】
・乗るのに時間がかかるお客さんに
じりじりした気持ちを一番もっているのは
運転手さんではないだろうか。

・この車内はいい雰囲気だろうか。
・雨で時間が遅れたかもしれない。そのことも影響しているのではないか。

5 まとめ

・きまりには、全員が守るという大前提があります。
全員が守ることで、きまりの意義が成り立つのです。

・まずはきまりを「知る、理解する」ことが大事です。
その後、「相手、周囲のことを考えて守る」という
次の段階があります。
このことがまとめになるといいでしょう。

・また、きまりを守れなかったときに、
よし子のように自らを省みることのできる心も、
「規則の尊重」には入ります。

・よし子から
☆きまりは相手のことを考えて守る
☆きまりを守れなかったら、どうして守れなかったか考える
という点が学びとして出てくるといいですね!

はい、ということで今日は
『4年「雨のバスていりゅう所で」【規則の尊重】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!