3年

3年「ふろしき」【伝統と文化の尊重】の指導案はこうする!

伝統と文化の尊重、国や郷土を愛する態度

こんにちは。
今日は『3年「ふろしき」【伝統と文化の尊重】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

伝統と文化の尊重・・・
3年生ともなると、
ちょっと深く踏み込んで
話し合いができそうですね。

大切にしたいのは、
「自分ごと」としてとらえることです。

今回の教材は、風呂敷が題材で
とても身近なものです。

身近なことから伝統を
どのように考えていけばよいのか、
考えていきましょう!

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

C 主として集団や社会との関わりに関すること
「伝統と文化の尊重、国や郷土を愛する態度」
3・4年の目標・・・・
我が国や郷土の伝統と文化を大切にし、国や郷土を愛する心をもつこと。

3年生「ふろしき」(光村図書)

「ふろしき」あらすじ

わたしは、たんすから1枚の布を見つける。
お母さんから、「これは『ふろしき』というのよ。」
と教えてもらった。

ふろしきはいろいろなものが包める。
重箱、びん、キャベツなど、
包む物に合わせて形を変える。
ふろしきで包むと、中のものが大切なものに思えてくる。

わたしはふろしきを使ってみたくなりました。
そして、もっといろいろな使い方ができないか、
友達と話してみたくなりました。

2 内容項目と教材

この内容項目は、
「伝統を知って、大切にする心を養わないといけない」
「日本の文化について教えて理解させて、日本人としての心を育てないといけない」
などと、高い目標を考えてしまいます。

しかし、実際はそのような高い目標には45分の道徳では到達できません。

いえ、45分で到達すべきでないというべきでしょう。
9年生きてきた3年生が、たった45分の道徳で伝統についての考えを改めることができるはずがないのです。

「伝統を大切にする心を育てる」のではなく、「伝統を大切にする心はどんなものか」を話し合って追い求めるほうが現実的です。

「伝統を大切にする心はどんなものか」というと難しく感じますが、もっとざっくり言うと、日本の文化に興味をもつということです。

今回は「風呂敷」が題材ですが、風呂敷のことを全員大好きになりましょうなんて非現実的なことは言いません。

「風呂敷」という昔から受け継がれてきた大切な文化があり、今でも続いている。
この理解があれば充分です。

その風呂敷について考える過程が、「興味をもっている」ということになるのです。

では、授業はどのように展開していけばよいのか。
「わたし」の心に注目します。

なぜ、「わたし」は風呂敷に興味をもったのでしょうか。
珍しいから?
古くさいから?
柄がきれいだから?
いろいろな使い方ができるから?

現代では紙袋やエコバック、ビニール袋などと物を包む物はたくさんあります。
しかし、「わたし」は風呂敷に魅力を感じたのです。

その要因としては、本文にもある「包む物を大切にしている」という物を大切に扱う心そのものが「風呂敷」であること。

また、お母さんが「わたし」に風呂敷のよさを教えてくれているのも大きな要因です。

お母さんが説明してくれなければ、「わたし」はただのスカーフだとしか認識しなかったのです。

このことから、伝統と文化の心は
①興味をもつこと
②先人の知恵や思いやりを感じられること
③伝えてくれる人がいること

これらの要因があるといいことがわかります。
つまり、授業ではこの①~③が子どもの発言から出てくるといい流れになります。

目標は「大切にする」「愛する心をもつ」ことなので、①が触れられれば充分ですが、②、③について考えることもタブーではありません。

「興味をもって、自分が使ってみる(体験してみる)」このようなまとめに収束すれば、いい授業のシメになるでしょう!

3 導入

今回の題材の「風呂敷」のようにすぐに準備できるものは、授業で教材として用意して見せてもよいでしょう。

しかし、あくまでも興味づけのためだけなので、なくても構いません。

むしろ、現物を用意することによって子どもの興味が道徳的な価値よりも風呂敷自体に向くようなら、準備しない方がよいでしょう。

また、教科書に載っている風呂敷の包み方を実践しても、道徳的価値に迫ることにはなりません。
ただの興味づけにしかならないので、注意をしましょう。

導入では「外国の人が日本に来たら、見たいものはなんでしょう。」と聞きます。

外国の人の視点から考えることで、日本独自のものに目が向きやすいようにします。

きっとこの問いでは「風呂敷」は出ないでしょうから、ある程度子どもの考えを聞いた段階で、「実はこれも、日本にしかないものです。」といって風呂敷を紹介(もしくは板書)します。

「今日は風呂敷から、日本の文化を思う心について考えましょう。」といって教材に入ります。

4 発問

・風呂敷は、なぜ昔から伝わっているのだろう。
・風呂敷ではなくて紙袋ではだめなのだろうか。
・子どもには風呂敷の包み方は難しいのではないか。

・お母さんはなぜ、「わたし」にていねいに教えてくれたのだろう。
・友達が風呂敷に興味をもってくれなかったら、
「わたし」はどうするだろう。
・風呂敷は使っている人はいるのだろうか。

・風呂敷がしゃべれるとしたら、なんと言っているだろう。
・お母さんはなぜ、風呂敷の包み方をこんなに知っているのだろう。

5 まとめ

「興味をもって、自分が使ってみる(体験してみる)」
このようなまとめになればイイでしょう。
もちろんもっと踏み込んだまとめになっても大丈夫です。

はい、ということで今日は
『3年「ふろしき」【伝統と文化の尊重】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!