6年

6年「ほんとうのことだけど・・・」【自由と責任】の指導案はこうする!

善悪の判断、自律、自由と責任
Business newspaper article

こんにちは。
今日は『6年「ほんとうのことだけど・・・」【自由と責任】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

今回の内容項目は、
Aの視点「善悪の判断、自律、自由と責任」です。

な、長い・・・。
そして難しそう・・・。

大丈夫です。
この項目は、3つに分けると
理解が早いです。
①善悪の判断
②自律
③自由と責任

この3つのうち、
どれかに必ず重点が置かれます。

今回の教材の重点はなにか、
それが決まれば、
8割は授業計画ができたも同然です!

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

A 主として自分自身に関すること
「善悪の判断、自律、自由と責任」
5・6年の目標・・・・自由を大切にし、自律的に判断し、責任のある行動をすること。

6年生「ほんとうのことだけど・・・」(日本文教出版)

あらすじ
みえ子の学校では、行事の様子をかべ新聞にして全校に知らせる。
みえ子のクラスは運動会の記事の担当になった。

なつみが書いた記事は、
・冷静な佐々木くんが派手に転んでいる写真と文章
・いつもおしゃれでかわいらしい宮本さんの必死な表情と文章
だった。

みえ子はそれを見て、思わず吹き出してしまったが、
同時に、佐々木くんが落ち込んでいたこと、宮本さんが悔し涙を流していたことを思い出した。
「こんな漢字で書いていいのかな。」とみえ子に言うと、
「自由に考えていいんでしょ。それに本当のことだし。」となつみ。

先生が去年の記事を参考に見せてくれた。
ーふだんはおとなしいと言われることが多いわが6年1組ですが、運動会では男女関係なく大きな声で応援しました。アンカーが転んで優勝を逃しましたが、だれもが精一杯がんばったと思います。ー

これを読んだ後、みえ子はなつみに言った。
「やっぱり、どんな記事にするかもう一度考えてみようよ。」
white newspaper beside white ceramic mug on brown wooden table

2 内容項目と教材

「自由と責任」に重きを置く

この教材は、内容項目にある
①善悪の判断
②自律
③自由と責任
のうち、③自由と責任に重きを置いて考えましょう。

主題に「自由と責任」とあるので、わかりやすいですね。

内容項目にによっては、このように重きを置いて考えることで、
授業の組み立てがしやすくなり、ブレなくなります。

・「希望と勇気、努力と強い意志」
・「正直、誠実」
・「公正、公平、社会正義」
これらの内容項目は、何に重きを置くかを考えて授業を組み立てるかを、
まずは考えましょう!

人のことを考えない自由は、「自分勝手」

なつみは、「自由だから」ということを理由に、思いつくまま文章を書きました。
確かに、「自由」なのだからなつみの言うことも一理あります。

しかし、なんだかなつみの書いた記事は違和感があります。
みえ子が思うように、「この記事は本当に書いていいことなのか。」と。

自由は自由でも、相手のことを考えない自由は「自分勝手」と言います。

・「自由帳」というノートだから、人の自由帳に「バカ」と書く。
・何をしても自由なのだから、夜中に外で大声を出す。
・自由なのだから、列に横入りをする。
どうでしょうか。
これらは全て、「自由だから」を理由に行動していますが、
どれもダメなことですよね。
 
なぜか。それは、自由に行動はしているけど、
ルールを破ったり、人に迷惑をかけたりしているからです。
 
上の例では、自由に行動していますが、
「自分のこと」しか考えていません。
 
・自分がよければいい。
・自分が楽しければいい。
こういった思いが感じられます。
相手の迷惑なんてどうでもいい、と思っていそうですね。
person's right hand near newspaper

本当の自由とは?

では、「本当の自由」とは、なんでしょうか。

シンプルに、「人・未来のことを考えた行動」が自由です。
もっというと、先を予想して、何が起きても自分で責任をとれること。
これが本当の自由なのです。

なつみは自分の書いた文章で、読む人が楽しんでくれるでしょうが、
当事者の佐々木くんと宮本さんはどう思うか、ということまでは考えていません。

対して、「いいのかな。」と立ち止まったみえ子は、
「佐々木くんと宮本さんは、この記事を読んだらどう思うだろう。」と
2人の顔が浮かんで、「これでいいのかな。」と立ち止まって考えたのです。

そこに、先生が持ってきれくれた去年の6年生の記事。
こういう記事ばかりでいい、というわけではありませんが、
次のような点がハッとさせられます。

・転んだ事実もプラスに捉えて書かれている。
・「おとなしい」というマイナス表現も、「運動会で頑張った」とプラスに捉えている。
・個人ではなく全体のことが書かれている。
・誰も傷つけていない。
・純粋な思いが書かれている。
・読む人のことを考えて書かれている。
これらのことを、みえ子は読んで気づいたから、
「もう一度考えよう」と言ったのですね。
 
本当の自由とは、相手や未来のことを考えること。
このことをポイントとして押さえる授業をしましょう!
grayscale photo of 100 us dollar bill

3 導入

T:教師 C:子ども

T:「自由」ってどんな意味ですか?
C:好きなことをする。
C:やりたいことをする。

T:じゃあ「自由」だから、友達の「自由帳」に『バカ』と書いていいんですよね?
C:ダメ。

T:どうして? 自由って好きなことをするんだから、いいよね。
C:うーん・・・・。

T:今日は、「本当の自由」について考えましょう。

4 発問

・なつみは悪いことをしているのだろうか。
・なつみの言っていることは、間違いなのだろうか。
・なつみとみえ子に共通する心はなんだろう。

・なつみとみえ子に共通しない心はなんだろう。
・なつみの新聞と、去年の6年生の新聞、どちらがいい記事だろうか。
・自由に書いて、なぜいけないのだろう。

・みえ子は、何を心配して「こんなこと書いていいのかな。」と言っているのだろう。
・なつみは、みえ子の提案を聞くだろうか。
・「本当のことだけど・・・」に、どんな言葉が続くだろう。

5 まとめ

本当の自由とは、相手や未来のことを考えること。
このことをポイントとして押さえる授業をしましょう!
もっというと、子どもの言葉を使って、
ざっくりこんな感じのまとめができるといいですね!

はい、ということで今日は
『6年「ほんとうのことだけど・・・」【自由と責任】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!

また明日もお楽しみに。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このブログでは、道徳の教材解説をしています。 ほとんどの教材を解説しているので、 日々の授業や研究授業のときに使ってください。

トップページの検索で「教材名」を入れるだけで、その記事にジャンプできます。

例 : はしの上のおおかみ

「この記事の解説がない!」という場合は、お知らせください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□