4年

4年「ゲームのやくそく」【友情、信頼】の指導案はこうする!

友情、信頼
black Sony DualShock 4 controller on black laptop computer

こんにちは。
今日は『4年「ゲームのやくそく」【友情、信頼】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

友情、信頼

道徳のど真ん中の内容項目ですね。
いざ授業をしようとすると、
「友達と仲良くするのがいいこと」
「信頼しあうことは大切」など
『月並みなまとめ』しかたどりつかないことが多いですよね。

でもそんなこと、
子どもたちは知っています。
知っていることを45分かけて確認する授業なんて、
なんとつまならないことか・・・・

せっかくなので、今日の記事を読んで、
グッと深まる道徳をしましょう!

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

B 主として人との関わりに関すること
「友情、信頼」
3・4年の目標・・・・友達と互いに理解し、信頼し、助け合うこと。

4年生「ゲームのやくそく」(光文書院)

あらすじ
ますみ、かほ、千秋は近頃オンラインゲームで遊んでいる。
約束した時間に1時間だけと決めて、ゲームの世界にみんな入る。

今日もいつものようにゲームの世界で遊んでいると、千秋が10分ほどでいなくなった。
その次の日も10分ほどでいなくなってしまいました。

その次の日、ますみとかほは千秋に言いました。
「もしかしてわたしたちと遊びたくないんじゃない?」
「勝手にやめちゃってごめん。でも今日は・・・・」
2人の言葉に、千秋は悲しくなった。

その日の帰りの会。
先生から、千秋が家の人の都合で急に転校することを聞いた。
ますみとかほは顔を見合わせた。
(だから、千秋は少ししかゲームができなかったんだ。わたしたちひどいことを言っちゃったかも。)

「ごめんね。」
「わたしも転校するって言えなくてごめんね。」
「離れていたってインターネットでつながれるもんね。」
「うん。でもたまには本物にも会いたいよね。」
person using computer playing FPS game

2 内容項目と教材

(1)友情とは

「友情、信頼」はその順番に意味があります。
「信頼」よりも「友情」が先にあります。
つまり、信頼よりも友情を優先して考える必要があります。

広辞苑で意味を調べると、

友情・・・友達の間の情愛
信頼・・・信じて頼りにすること

とあります。

信頼よりも友情が大切であることの例を挙げます。
あなたは道を歩いています。
通行する見知らぬ人に、
いきなり住所などの個人情報を伝えることはできますか?

きっとほとんどの人が「できない」と答えるでしょう。
「何で教えないといけないの?」
「どこにばらされるか分からない。」
「そもそも、だれ?」

そう思うのは「信頼」という基礎が、人間関係の中にできていないからです。
つまり、友情がないと信頼もできないのです。

では「友情」とは何でしょう。
広辞苑の意味の通り,
「友達との情愛」略して「友情」なのです。

では、情愛とはなんでしょうか。
再び広辞苑で調べると、
情愛・・・情け、いつくしみ、愛情

具体的には、

☆友達が困っているから助る
☆友達の気持ちに共感する
☆友達に対して好感をもつ

これらのことを数十回、数百回くり返して、
「友情」と呼べる関係ができあがるのです。

その過程の中では、自己開示が必ず必要です。
自分のことをさらけ出したり、
本音を言い合ったりして、
関係が深まっていくのです。

そうしてできた「友情」があるから、
初めて次の「信頼」が成り立つのです。

教材研究の場面では、
①「友情」か「信頼」か、どちらに重きを置いているのか考える。
②例えば「友情」に重きが置かれているなら、登場人物同士は
なぜ友達と呼べるのか、本当の友達と呼べるのか、などという発問を考える。

この流れで教材研究をすると、本質に向かう授業ができます。

(2)友情に重きを置く

「ゲームのやくそく」では、『友情』に重きを置きましょう。
友達だった3人が、ゲームの約束を通じて関係にヒビが入ってしまう話です。

ネットでの話は、今の子どもたちにとって身近な問題です。
3人の関係が怪しくなった根本は、
約束の時間に遅れてきて、早くゲームをやめたこと
です。

きっかけはささいなことですが、このささいなことが
大きな亀裂となって「ネットいじめ」に発展する可能性があるのです。

怖いですよね。

小さなズレが大きなズレになっていくのが、
顔の見えないネットの世界の怖いところなのです。

一昔前なら、「ネットは怖いからできるだけ触らないでおこう」という指導がとおりましたが、今はもうネットは子どもですら「使わないと生活できない」レベルで生活に浸透しています。

『使わない』ではなく、『うまく使う』スキルが子どもにも求められる時代なのです。

two pairs of Nintendo Switch controllers

(3)よい友達とは

ますみ・かほは自分の都合や自分の事情だけを考えて、
それを一方的に相手に求めていました。

・5時からゲームをやるのは当然
・遅れないのは当然
・6時までやるのも当然
このような自分の事情を相手にも押し付けていたのです。
しかしそれが関係のズレにつながってしまった。
 
ここから学ぶことは、
相手の気持ちや状況を想像すること
です。
 
・今は大丈夫かな。
・無理しているかもしれないな。
・どんなことを思っているか聞こう。
このように、想像をしていると、自然と相手を思いやることにつながります。
友情は相手を想像することが大切。
相手のことを想像すると思いやりが生まれる。
 
つまり、友情は思いやりとつながっているのです。
 

また、転校しても友情には物理的な距離は関係なく、
心がつながっているということも言えます。

心がつながっていると、相手を想う時間が長くなります。
本当の友情とは、

・相手のことを想像する。
・離れていても心がつながっている

この2点が大切であると言えます。

3 導入

T:教師 C:子ども

T:友達ってどんな人のことですか?
C:一緒に遊ぶ
C:たくさん話をする

T:ということは、遊ばなかったりたくさん話をしなかったら、
友達とは言えないのですね。
C:うーん・・・・

T:今日は、「本当の友達」について考えましょう。

turned on wireless dualshock game controller

4 発問

・3人は「いい関係」と言えるのだろうか。
・千秋は、なぜ転校することを言わなかったのだろう。
・本当の友達なら、転校することはすぐ言ったほうがよかったのではないか。

・ますみは千秋のことを大切に思っていないのだろうか。
・もし、千秋が転校せず「塾が忙しいからゲームができなかった」という理由だったら、3人の関係はどうなるだろうか。
・なぜ、ますみとかほは、千秋の事情を考えることをしなかったのだろう。

5 まとめ

・相手のことを想像する。
・離れていても心がつながっている

繰り返しますが、この2点が、子どもの言葉でまとめられるといいですね!

はい、ということで今日は
『4年「ゲームのやくそく」【友情、信頼】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!

また明日もお楽しみに。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このブログでは、道徳の教材解説をしています。 ほとんどの教材を解説しているので、 日々の授業や研究授業のときに使ってください。

トップページの検索で「教材名」を入れるだけで、その記事にジャンプできます。

例 : はしの上のおおかみ

「この記事の解説がない!」という場合は、お知らせください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□