3年

3年「ジュースのあきかん」【規則の尊重】の指導案はこうする!

規則の尊重
orange train between fall trees

こんにちは。
今日は『3年「ジュースのあきかん」【規則の尊重】の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

「規則の尊重」の授業のポイントは、かんたんに言うと
「きまりを守る大切さ」です。

では、きまりは、なぜ守らないといけないのでしょうか。
子どもの立場なら、
・怒られるから
・先生が言ったから
などがあげられるでしょう。

しかし、これは外圧的なもので
罰などの強制力から、
きまりを守る心が生まれています。

果たして、きまりとは本当にそうあるべきなのでしょうか?

きまりについて、
教材解説で考えていきましょう!

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

C 主として集団や社会との関わりに関すること
「規則の尊重」
3・4年の目標・・・・約束や社会のきまりの意義を理解し、それらを守ること。

3年生「規則の尊重」(日本文教出版)

あらすじ
あつしはお兄さんと電車に乗っていました。
途中で高校生ぐらいの男の人が、かんジュースをもって乗ってきました。
コトン。
男の人はジュースのあきかんを床に置くと、そのまま次の駅で降りて行きました。
電車が動き出すと、その空き缶はコロコロと床を転がり始めました。

ジュースがこぼれながら、男の人の足元にいきました。
男の人はひょいと足を上げてよけました。
すると、今度はあつしの方に転がってきました。
あつしは、かんをくつの先で軽くけりました。

空き缶は、女の人のところへ転がっていきました。
女の人はひょいとつまむと足元に立て、降りるときに駅のホームのゴミ箱に捨てました。

空き缶の音が、あつしの心にひびきました。
moving train near trees

2 内容項目と教材

「規則の尊重」とは

「規則の尊重」は、文字通り規則について考える項目です。
規則と言っても、いろいろな言葉に言い換えることができます。
ルール、きまり、マナーなどですね。

特に、ルールとマナーは大きくちがいます。
ルールは明文化されていて、みんなが守るべき最低限の約束事であるのに対し、
マナーは明文化されておらず、状況や場所によって異なるものです。

今回の教材「ジュースのあきかん」で焦点が当たっているのは、
ルールでしょうか、マナーでしょうか。

この教材は、マナーについて考える教材と言えるでしょう。

マナーを守っていないのはだれか

この話で悪いのは、明らかに最初にジュースの缶を捨てた人です。
しかし、それはわかりきっていることなので、それは置いておきます。

缶を捨てた人は悪いことを前提として、
「他に」マナーを守っていない人がいないかを考えます。

足を上げた男の人はどうでしょうか。
缶をけった男の人はどうでしょうか。
女の人は最初からは拾っていません。
あつしのお兄さんは結局何もしていません。

マナー違反は、本当に缶を捨てた人だけでしょうか?

子どもたちと考えてみたいですね。

「べき」論で考えない

こういった話では、「◯◯は、□□するべきだ」という意見で終始してしまうことがあります。

・男の人は、缶を捨てるべきではなかった。
・最初に缶が転がってきた男の人は、缶を拾えばよかった。
・あつしは、男の人に注意をすればよかった。
・女の人に「ありがとう」といえばよかった。

こういったことは、言葉を選ばずに言うと「誰でも考えられる」ことばかりです。

いわゆる正論なので、これらのことを言えることは大事なのですが、
こんな発言をした子は、実際に同じ状況になったときに
自分も同じ行動をできるでしょうか。

本音と建前の、「建前」の意見になっていないでしょうか。

「知っている」でも「できない」というジレンマが、
人間はだれしも抱える悩みですから、
正論ばかりを出しても、子どもの心には響かないでしょう。

inside train with no people

「マナーを守らないとどうなるか」を考える

では、どのように授業を考えればよいのか。

「缶を捨てる」というマナーを守らなかったら、
電車の中に缶がコロコロ転がるという事態になりました。

その場にいるだれもが、
「自分のところにはきてほしくないな」
「だれか拾ってくれないかな」
と思ったことでしょう。

人は、結局「自分」のことが大事です。
電車の中でも、余計なことをしたくないし、
面倒なことに関わりたくないという気持ちは同じです。

その心が、最初の男の人の「足を上げる」という動作に表れているし、
あつしの「缶をける」という行為に表れています。

マナーを守らないということは、
その場の空気が悪くなる。
みんなが安心・安全でなくなる。

このことが押さえられると、授業のポイントは押さえたと言えます。

女の人がなぜ拾ったのか。
そこまで考えてもいいですが、大事なのはその前段階です。
缶が床にコロコロ転がるあの時間。
マナーを守らない人がいることで生まれた、
あの「だれかしてほしい」という空気感。

あの気まずい感覚にならないために、
マナーが必要だと考えさせるほうがよいでしょう。

3 導入

T:教師 C:子ども

T:マナーって何のためにあるんですか?
C:安心して過ごすため。
C:みんなのため。

T:みんなのためってどういうこと?
C:みんなが困らないようにするため。

T:なるほど。他には?
C:うーん。

T:今日は、マナーは何のためにあるのか、考えていきましょう。

person standing inside terminal

4 発問

・あつしは、なぜ缶を拾わなかったのだろう。
・この話で、喜んでいるのはだれだろう。
・女の人は、あつしが缶をけった姿を見て、どう思っただろう。

・マナー違反をしているのはだれだろう。
・ジュースの空き缶は幸せだろうか。
・女の人は、最初から缶を拾えばよかったのではないか。

5 まとめ

マナーを守らないと、その場の空気が悪くなる。
マナーを守らないと、みんなが安心・安全でなくなる。

これらのポイントが子どもの言葉でまとめられるといいですね。

はい、ということで今日は
『3年「ジュースのあきかん」【規則の尊重】の指導案はこうする!』
このテーマでお送りしました!

また明日もお楽しみに。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このブログでは、道徳の教材解説をしています。 ほとんどの教材を解説しているので、 日々の授業や研究授業のときに使ってください。

トップページの検索で「教材名」を入れるだけで、その記事にジャンプできます。

例 : はしの上のおおかみ

「この記事の解説がない!」という場合は、お知らせください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□