4年

4年「浮世絵ー海を渡ったジャパン・ブルーー」の指導案はこうする!

伝統と文化の尊重、国や郷土を愛する態度

こんにちは。
今日は
『4年「浮世絵ー海を渡ったジャパン・ブルーー」の指導案はこうする!』
このテーマで教材解説をします。

「伝統と文化の尊重、国や郷土を愛する態度」

この内容項目はなんとなくイメージがつきやすいですね。
以前の愛国心や郷土愛といった項目です。

国を愛する心、地域を愛する心、
先人がつくってきた伝統や文化を重んじる。

こう聞くと簡単なようですが、

実際の授業では「自分事」として
どのように捉えさせるかが 大きな壁となります。

「すごいな。自分とは関係ないけど。」
と浅い学びになってしまいがちなところが

この「伝統と文化~」の内容項目の
大きな注意点なのです。

では、解説です!

1 教材について
2 内容項目と教材
3 導入
4 発問
5 まとめ

順番に解説します。

1 教材について

C 主として集団や社会との関わりに関すること
「伝統と文化の尊重、国や郷土を愛する態度」

3・4年の目標・・・・
我が国や郷土の伝統と文化を大切にし、国や郷土を愛する心をもつこと。

4年生「浮世絵ー海を渡ったジャパン・ブルーー」(日本文教出版)

2 内容項目と教材

(1)重点を決める

内容項目の「伝統と文化の尊重、国や郷土を愛する態度」は、
①伝統と文化の尊重 ②国や郷土を愛する態度
の2つに分けて考えましょう。

そして、教材がどちらにじゅうてんが
置かれているかを考えましょう。

今回の「浮世絵ー海を渡ったジャパン・ブルーー」は、
②国や郷土を愛する態度です。

23番目の教材に「お父さんのじまん」がありますが、
これは、地域に古くから伝わる伝統なので、
①伝統と文化の尊重です。

1つの教科書で重点がずれているので、
内容項目の全てを網羅しているということですね。

(2)先人の思いを想像する

②国や郷土を愛する態度に重きを置くことがわかりました。
では、どのように授業を展開していけばいいのでしょうか。

それはズバリ、
先人の思いを想像することです。

浮世絵をつくることは、並大抵の苦労ではありません。

「木版画には『絵師』『彫師』『摺師』の3人の職人が必要」
とさらっと書かれていますが、
この3人のそれぞれの技術や、
連携は並大抵の努力ではないでしょう。

3人の職人がどんな様子で仕事をしていたのかの知識を、
予備知識として子どもたちに伝えてもよいでしょう。

絵師は、実際の風景を緻密に表現する。
彫師は、絵師の絵をミスなく彫って表現する。
擦師は、1ミリのずれもなく擦る。

今のように技術が発達している時代でも、
浮世絵を作ることは簡単ではないです。

充分な道具が発達していない時代に、
現代でも人の心を打つ浮世絵を作った。

この努力と知恵、
そして完成させるという強い思いは、
並大抵のことではないでしょう。

では、歌川広重を含めた浮世絵づくりに
関わった3人の職人たちは、
どんな思いをもっていたのでしょうか。

・仕事だから、イヤイヤ橋の作業をしていたのでしょうか。
・ただ言われたから、彫ったり擦ったりしていたのでしょうか。
・浮世絵が完成することを目標にしていたのでしょうか。
・浮世絵が、町民の心に届くことを願っていたのでしょうか。

きっと、浮世絵が町民の心に届くことを
願って作業していたのでしょう。

その「町民」の中には、未来の町民も混ざっています。

みんなが、浮世絵で楽しんでほしい。
手ごろな値段で、いいものを手に入れてほしい。
そんな願いが、浮世絵には込められているのです。  

(3)イソップ童話

イソップ童話の中に
『3人のレンガ職人』という話があります。

今回の「浮世絵ー海を渡ったジャパン・ブルーー」の
授業づくりにつながるものがあったので、ご紹介します。

3人のレンガ職人

世界中をまわっている旅人が、
ある町外れの一本道を歩いていると、
一人の男が道の脇で難しい顔をしてレンガを積んでいた。

旅人はその男のそばに立ち止まって、
「ここでいったい何をしているのですか?」 と尋ねた。

「何って、見ればわかるだろう。
 レンガ積みに決まっているだろ。
 朝から晩まで、俺はここでレンガを積まなきゃいけないのさ。
 
 あんた達にはわからないだろうけど、
 暑い日も寒い日も、風の強い日も、
 日がな一日レンガ積みさ。

 腰は痛くなるし、手はこのとおり」

男は自らのひび割れた汚れた両手を差し出して見せた。
「なんで、こんなことばかりしなければならないのか、
 まったくついてないね。
 もっと気楽にやっている奴らが
 いっぱいいるというのに・・・」

旅人は、その男に慰めの言葉を残して、歩き続けた。

もう少し歩くと、
一生懸命レンガを積んでいる別の男に出会った。

先ほどの男のように、辛そうには見えなかった。

旅人は尋ねた。
「ここでいったい何をしているのですか?」

「俺はね、ここで大きな壁を作っているんだよ。これが俺の仕事でね。」

「大変ですね」

旅人はいたわりの言葉をかけた。
「なんてことはないよ。
 この仕事のおかげで俺は家族を養っていけるんだ。
 ここでは、家族を養っていく仕事を見つけるのが大変なんだ。
 俺なんて、ここでこうやって仕事があるから家族全員が食べいくことに困らない。
 大変だなんていっていたら、バチがあたるよ」

旅人は、男に励ましの言葉を残して、歩き続けた。

また、もう少し歩くと、
別の男が活き活きと楽しそうにレンガを積んでいるのに出くわした。

「ここでいったい何をしているのですか?」
旅人は興味深く尋ねた。
「ああ、俺達のことかい?
 俺たちは、歴史に残る偉大な大聖堂を造っているんだ!」

「大変ですね」
旅人はいたわりの言葉をかけた。

「とんでもない。ここで多くの人が祝福を受け、
 悲しみを払うんだぜ!素晴らしいだろう!」

旅人は、その男にお礼の言葉を残して、
また元気いっぱいに歩き続けた。

「何をしているのか」という問いの答えを整理します。

1人目の職人・・・特に目的はなし
2人目の職人・・・生活費のため
3人目の職人・・・未来への貢献のため

だれが一番、モチベーションを高くして仕事をしているか、一目瞭然でしょう。

浮世絵を作った3人の職人も同じ視点で考えてみましょう。

職人の目的はなんだったのでしょうか。
浮世絵を作っている途中に「なにをしているの?」と聞かれたら、なんと答えるでしょうか。

浮世絵をつくる「目的」を考えることで、
先人たちの思いがより詳しく見えてきそうですね。

3 導入

T:教師 C:子ども

T:浮世絵って知っていますか?
C:見たことはある。
T:こんなものです。(写真を見せる)※教科書でもOK
C:知ってる!
C:見たことある!
T:この浮世絵、どうやって作るか知っていますか?
 今日は、浮世絵を作った人の思いについて考えましょう。

4 発問

・浮世絵は、なぜ海外の人に感動を与えているのだろうか。
・浮世絵には、どんな思いが込められているのだろうか。
・浮世絵の職人は、なぜ一生懸命作ったのだろうか。

・浮世絵はどれぐらい残っていくだろうか。
・浮世絵を作った人の思いは、どれぐらい残っていくだろうか。
・浮世絵の魅力はなんだろう。

・「ジャパンブルー」は、普通の青とどうちがうのだろう。
・浮世絵は、なにが「すごい」のだろう。

5 まとめ

郷土に対して関心と愛をもつ

このことから広げて、
子どもの言葉で表現できると、いいまとめになりますね。

「どんなまとめにする?」と
丸投げしてみるのも時にはいいかもしれません。

はい、ということで今日は
『4年「浮世絵ー海を渡ったジャパン・ブルーー」の指導案はこうする!』

このテーマでお送りしました!

また次回もお楽しみに。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

このブログでは、道徳の教材解説をしています。 ほとんどの教材を解説しているので、 日々の授業や研究授業のときに使ってください。

トップページの検索で「教材名」を入れるだけで、その記事にジャンプできます。

例 : はしの上のおおかみ

「この記事の解説がない!」という場合は、お知らせください。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□